Menu
エリックへメッセージを送信する LINE ID: ericnewyork
ご質問はこちらへどうぞ。Eメール eric@newyork.jp
ニューヨーク フリックコレクション

ニューヨーク フリックコレクション

ニューヨーク フリックコレクション

フリックコレクションは、ニューヨークのアッパーイーストサイドにある小さな美術館です。目と鼻の先にあるグッゲンハイムMETといった大美術館に比べれば小規模かも知れません。しかしながら、この美術館のコレクション作品と、それらが展示されている建物は、絶対に一見の価値ありです。

邸宅、美術館とその設立者、ヘンリー・クレイ・フリック

フリック・コレクションは、美術館の設立者である故ヘンリー・クレイ・フリック(1849-1919)の、印象的で風格のある邸宅に収容されています。ヘンリー・クレイ・フリックは、質素な家の出でありながら、ピッツバーグの鉄鋼業で財を成した実業家でした。しかし彼は、何かと物議を醸す人物でありました。彼は生涯にわたって、組織労働者と労働組合の反対者でした。このことはストライキを誘発し、また暗殺未遂も起こったほどでした。人生最後の40年間、彼は熱心な芸術作品の収集家となりました。1913年、彼はセントラルパークを臨む5番街に壮大な邸宅の建設を始めました。

彼の遺言によれば、ヘンリー・クレイ・フリックは彼と妻の死後、この邸宅と彼の収集した芸術作品が公共の美術館とその収容作品として利用されることを、邸宅の建設中から既に意図していました。他の慈善団体への寄付を含めた彼のこの寛大な行動は、悪質なビジネスマンであった彼の姿と、印象的な対比を成しています。彼の死後、美術作品のコレクションは大幅に拡大し、邸宅自体も、収容作品数の増大に伴い、幾度か改修されています。美術館の拡大はしかしながら、完璧で継ぎめなく、建物のウィングのいくつかはもとの建物に属していなかったことは分からないほどです。

フリックコレクション - 中庭 フリックコレクション - 前庭

フリックコレクションで観られるもの

この美術館には16の常設ギャラリーがあり、大抵は同時に数個の特別展を催しています。トマス・ゲインズバラ、ジョシュア・レノルズ、ウィリアム・ターナーなど、ヨーロッパの有名な巨匠の手になる壮大な絵画を展示しています。また、美術館には彫刻、陶器、織物や布地作品、スケッチなどもあります。しかしそれだけではなく、美術館には、かつては邸宅の私道であったところを訪問客がゆっくりと鑑賞できる屋内庭園もあります。

この美術館を大変ユニークで特別なものにしているのは、作品がフリックのかつての住居に展示されているということです。これは、部屋のいくつかは20世紀初めに建てられた当時そっくりそのままであるということを意味します。ここを歩くことで、昔にタイムスリップし、富裕なフリック一家が住んでいた当時を体験することができるでしょう。

鑑賞にはぜひ数時間おとり下さい。無料のオーディオガイドをご利用になり、ご自身のペースでご鑑賞下さい。美術館は観光客にも地元の人にも人気の場所ですので、一日中混雑していると思います。

基本情報

  • 10歳未満のお子様はご入館いただけません。
  • 開館日時:
    • 火曜-土曜 10:00-18:00
    • 日曜 11:00−17:00
    • 月曜と祝日は休館
  • 所在地:1 East 70th Street

ニューヨークのフリックコレクション 壮観なフリックコレクション・ニューヨーク

 

コメント欄は閉鎖中です。

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

から
まで
チケットを検索する