ニューヨークへの渡航 – ワクチンについてや子どものCOVID-19検査の扱いは?

ニューヨーク渡航とアストラゼネカ COVID検査

今では誰でもニューヨークに制限なく旅行ができるようになりました。しかしながら、それでもワクチン、子連れ旅行でのコロナ検査などについて訊かれることが多いため、こちらのブログではそれらのすべての質問に回答したいと思います。

最終更新日:2024年4月12日 (金曜日)

Contents

ニューヨークへ渡航できるのは?

誰でも飛行機に搭乗し、ニューヨーク旅行へ行くことができます。

ワクチン接種の完了とは?

アメリカ合衆国によれば、Pfizer、Moderna、AstraZeneca、Covishield、BIBP/Sinopharm、Novavax、Sinovacワクチンの場合、2回目の接種後、Johnson & Johnsonワクチン場合は1回の接種後、または混合接種の後、2週間が経過すれば、ワクチン接種を完了しているといえます。ニューヨークへ旅行するのに、ワクチン接種の義務は撤廃されています。

ニューヨークへ行くのにブースター摂取は必要ですか?

ブースター摂取は推奨されていますが、ニューヨークへの渡航に必須ではありません。アメリカではCOVID-19ワクチンの有効期限がなく、ワクチン摂取証明が期限切れとなることはありません。アメリカへの渡航にワクチン接種証明の提示は不要となりました。

子どもはワクチン接種の必要がありますか?

17歳以下の子どもも大人と同様、アメリカへの渡航の際にワクチン接種を受けている必要はありません。

COVID-19の検査結果証明が必要ですか?

ニューヨークへご出発前の陰性証明の提示は不要となりました。

帰国にもCOVID-19検査が必要ですか?

日本へ帰国する際に、検査を受ける必要はありません。ニューヨークで検査を受けたいと思われる場合、それは簡単にできます。ニューヨークでのCOVID-19検査について、さらに詳しくお読みください。

ニューヨークで陽性となってしまったら

ニューヨークから帰国前のCOVID-19検査で陽性が出てしまった場合、eric@newyork.jp から私のほうへご連絡ください。すべての手順をご案内します。

ニューヨークはどんな様子ですか?

ニューヨーク居住者の多くはワクチン接種を完了しました。ニューヨークのアトラクションはオープンしており、スポーツ試合観戦やブロードウェイミュージカル鑑賞もできます。ニューヨークのコロナウィルスについてはこちらからお読みください。

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する