ニューヨーク ウォルドルフ=アストリア

ニューヨーク ウォルドーフ アストリア

ウォルドルフ=アストリアは、ニューヨークで、いえ世界中で最も高級で有名なホテルのひとつでしょう。かつて移動中の宿泊にホテルが使われていた時代、ウォルドルフ=アストリアはルームサービスを実施した初めてのホテルでした。このことが他の革新とあわせ、ホテルをニューヨークの富裕層にとって新しい魅力的なスポットへと変革させ、ゆうに1世紀以上にわたってその評判を揺るがないものとしています。ウォルドルフ=アストリアは、ニューヨークに宿泊する人にとって、豪華な宿泊場所を提供する人気の高い文化とトレンドの発信地となっており、ホテル産業の発展に多大な影響を与えたホテルです。こんにちではアールデコ調のモチーフを持つ、303のスイートルームを含む1416の客室があります。パークアベニューとレキシントンアベニューの間、49-50丁目の間の1ブロックを占めています。

ウォルドルフ=アストリアは改装工事のため、無期限に閉鎖されています。
こちらからニューヨークの他のホテルを見る

ウォルドルフ=アストリアの歴史

ウォルドルフ=アストリアの歴史は、301 Park Avenueの現在のロケーションに移ってくるよりもずっと前にさかのぼります。設立当時は、現在は歴史的ランドマークでもあるふたつのビルに入っていました。そのうちひとつは5番街の、現在はエンパイアステートビルが建つロケーションに建っていたビルでした。1893年にヘンリー・J・ハーデンベルクのデザインで建てられたこのビルは、ウィリアム・ウォルドルフ=アストリアが所有していました。もう一方は彼の従兄弟であるジョン・ジェイコブ・アスター4世の所有で、4年後の1897年にお隣にオープンしました。ジョン・ジェイコブ・アスター4世は1912年にタイタニック号が沈没した際に命を落としており、この事故の正式調査はウォルドルフ=アストリアで行われました。

シュルツ&ウィーバーによるデザイン

最初は(親族の確執により)ふたつの別個のホテルでしたが、最終的には合併してひとつのホテルとなりました。もともとのふたつのビルはそれぞれ13階建てと17階建てでした。それと比較すると現在のビルは47階建てとかなり大きいですが、ニューヨーク基準ではまだまだ小さめです。このビルは1931年に、建築会社シュルツ&ウィーバーによりアールデコ調でデザインされ、1993年より歴史的建造物に指定されています。

現在のホテルは、宿泊だけでなく、アメリカンそしてヨーロピアン料理の3つのレストランを提供しています。ウォルドルフ=アストリアはまた、内部にブティックホテルをも擁しています。1980年代に北アメリカで人気が出たブティックホテルは、高級感あふれる雰囲気ながら、寛げる空間を提供します。ウォルドルフ=アストリアのブティックホテルは「ウォルドルフ・タワーズ」という名前で、ホテルのビルの上層階、正確には27-42階に位置しています。これまでの(数多の)有名人ゲストの中でも最も有名な人は、映画「七年目の浮気(The Seven Years Itch)」ロケ中に数か月にわたって滞在していたマリリン・モンローでしょう。ホテルはインターナショナルデビュタントボール(上流階級の娘の社交界デビュー)やクチュールファッションウィークなどの重要なイベントをホストしてきました。

ホテル自体の豪華さや高級感に加え、ウォルドルフ=アストリアはグランドセントラル駅に独自のプラットホームを持っています。このプラットホームを利用した最も有名な人といえば、国民から病気を隠したかったフランクリン・ルーズベルトでしょう。

旅のヒント:お手洗いを利用したければ、普通に入って利用しましょう!

ニューヨークのウォルドルフ=アストリア ニューヨーク ウォルドルフ=アストリアのお手洗い

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する