ニューヨーク コロナウィルス

Coronavirus in New York

ニューヨークでのコロナウィルスの状況は日々変化しています。このページはニューヨークにおけるCOVID-19の状況と規制内容の最新情報を掲載しています。ニューヨークのどの観光スポットがオープンしており、どういった調整がなされているかなどの情報も知ることができます。以下は、ニューヨークの現在の状況の概要です。

現在のニューヨークのCOVID-19の状況(2022年1月27日 (木曜日)更新)

ニューヨークのコロナウイルスの状況は、世界の状況に匹敵します。オミクロン変異種、そして寒波と戦うため、ニューヨークでのコロナ検査数が増加しています。ワクチン接種を完了した人々はもはや屋外でのマスク着用の義務はなく、接種完了者の間でのソーシャルディスタンスの必要もありません。しかしながら、ワクチンの接種を完了している人であっても、屋内ではマスクの着用が強く推奨されます。多数のニューヨーカーは義務がなくてもマスクを着用しています。また多くの店舗では入店するお客さんにマスクをすることを要求しています。したがって、マスクは常に携帯したほうが良いでしょう。公共交通機関ではすべての人がマスクを着用しなければなりません。

ニューヨークにおいて、屋内での食事や、コンサート会場、美術館・博物館、展望台など屋内のエンターテインメントの利用時には、WHOが承認したCOVID-19ワクチン接種が完了していることを示す、ワクチン接種証明が必要です。ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、コビシールド、BIBP/シノファーム、シノバックワクチンのいずれかの2回目の接種、あるいはジョンソン&ジョンソンの1回接種、あるいはいずれかのワクチンのミックスでも2回目の接種完了の2週間後から、ワクチン接種完了と見なされます。公式の予防接種記録には、個人情報と予防接種の詳細が記載されている必要があります。5-11歳の子どもは、WHO公認のCOVID-19ワクチンを最低でも1回接種していることを示すワクチン接種証明の提示が必要です。

2022年1月28日からの新しい規制: 屋内での食事やエンターテインメントの利用に際し、5-11歳までの子どもも、ワクチン接種完了の証明を提示する必要があります

最新情報
ルール全般
マスク公共交通機関や多数の屋内施設ではマスクの着用が義務付けられています。12歳未満の子どもでも、ほとんどすべての屋内施設ではマスクを着用する必要があります。
USAへの旅行にはワクチンの接種が必須はい、18歳以上の方はWHO承認ワクチンの接種が必要です
アメリカへの渡航にCOVID検査は必要ですかはい、2歳以上の方は検査を受ける必要があります。検査は24時間以内のものでなければなりません
ワクチンの義務5歳以上の人は、屋内での食事やエンターテインメントのご利用にはワクチン接種を完了している必要があります。 これには、レストラン、バー、ナイトクラブ、カフェ、ファーストフード、劇場、イベント会場、美術館、動物園、スポーツアリーナなどの屋内施設が含まれます。
公共交通機関定期運行を再開。公共交通機関を利用しての移動時には全員がマスクを着用。
主要アトラクション
Empire State Building 時間指定での予約が必須。割引パス利用の場合も同様
Top of the Rock
One World Observatoryこちらでご確認を
Edge Observation Deck
自由の女神 & Ellis Islandオープン. 屋外のエリアと博物館はオープン
Central Parkオープン
Governors Islandオープン. 時間指定のパスが必要
レンタサイクルとサイクリングツアーオープン. 少人数でのツアー。マスク着用必須
High Line Parkオープン
Circle Line Cruisesオープン
Grand Central Terminalオープン
9/11 Memorial 指定の入り口と出口を使用
各動物園 & New York Aquariumオープン
Madame Tussaudsオープン
ホップオンホップオフバス
Big Busアップタウンとダウンタウンループのみ
主要な美術館・博物館
MoMA
The Metほとんどの日にオープン
American Museum of Natural Historyほとんどの日にオープン 時間指定での予約が必須。割引パス利用の場合も同様
Guggenheimほとんどの日にオープン
9/11 Museumほとんどの日にオープン
スポーツ
MLB (New York Yankees, New York Mets)COVID-19の陰性証明とCOVID-19ワクチンの接種証明の提示は必要がなくなりました。
NBA (New York Knicks, Brooklyn Nets)限定数の収容人数、規制あり。COVIDワクチン接種の完了必須
NHL (New York Rangers)限定数の収容人数、規制あり。COVIDワクチン接種の完了必須
NFL (New York Giants, New York Jets)COVID-19の陰性証明とCOVID-19ワクチンの接種証明の提示は必要がなくなりました。
ブロードウェイミュージカルとその他公演
Broadwayすべての人がCOVID-19ワクチンの接種を完了している必要があります。すべての入場者は身分証明書を持参する必要があります。
New York City Balletすべての人がCOVID-19ワクチンの接種を完了している必要があります。すべての入場者は身分証明書を持参する必要があります。
The Metropolitan Operaすべての人がCOVID-19ワクチンの接種を完了している必要があります。ブースターワクチンの接種証明は、ブースターを受ける資格があるすべての人に必要です
ショッピング
Macy'sオープン
Woodbury Commonオープン
Empire Outletsオープン
レストラン屋内での食事:5歳以上のすべての人はワクチン接種を完了している必要があ。屋外での食事:規制なし、すべてのテーブルを利用可能。

コロナウィルスによるキャンセルのトラブルを避ける

コロナ下でのニューヨーク旅行を予約する予定があり、実際に旅行ができるかどうか不安な方は、予約・購入に際していくつかの保証を付けることをお勧めします。たとえば、サイトシーイング フレックスパスとサイトシーイング デイパスなどの割引パスを購入される場合、購入額の数パーセントの料金でキャンセル保険を付けることができます。これにより手数料無料で割引パスをキャンセルできます。私のサイトからブロードウェイのチケットを購入される場合、フレックスチケットのオプションを選択できます。これにより公演の10日前まで手数料無料でキャンセルまたは変更が可能です。公共交通機関の利用を避けるため、JFK、ニューアーク、ラガーディア空港からの行き帰りにはタクシーサービスを利用します。お好みの送迎を確実に利用できるよう、ニューヨークへの送迎は旅行前に予約しておきましょう。ニューヨークへの往復のフライトに関する最新情報は、ご利用の航空会社にコンタクトをとるのがいちばん良いでしょう。

ニューヨークのコロナウィルスに関する詳細

ニューヨーク滞在中にコロナウィルスについてお尋ねになりたいことがあれば、固定電話から311へお掛けください。こちらはニューヨーク市の一般的なインフォメーションの番号です。具合が悪い、あるいは特定の症状について不安があり、コロナウィルス検査を必要としている場合、ニューヨークでは街中の至るところで検査を受けることができます。

ニューヨークへのご出発前のCOVID検査

2021年11月8日より、ニューヨークへの渡航にはCOVID検査の陰性証明が必要となりました。検査はニューヨークへご出発前24時間以内に行われている必要があります。

ニューヨークへ行くのにコロナウィルスの検査は必要ですか?

はい、2歳以上の方はPCR検査を受ける必要があります。検査は24時間以内のものでなければなりません

COVID-19の状況下でもニューヨークの観光名所に行くことができますか?

できます!こちらからニューヨークのコロナウィルス パンデミック下でもオープンしている観光名所の最新の概要をチェックしてください。

ニューヨークでコロナウィルスにかかった場合でも保険が効きますか?

ご出発前に、ニューヨークでコロナウィルスに感染した場合の旅行保険かつ/または健康保険の条件をご確認ください。

ニューヨーク旅行中または旅行後に隔離が必要ですか?

ニューヨークでの自己隔離の義務があるかどうか、最新の規定を航空会社にご確認ください。NYCのCOVID-19に関しては、こちらからニューヨークのコロナウィルス 最新情報をお読みください。
このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する