ニューヨーク ドギーバッグ

ニューヨークでのドギーバッグ

ニューヨークのレストランでお食事していると、絶対に頼んだものすべて食べきることはできないと思います。ニューヨークのレストランは誰も食べきることなんてできないほどの量を持ってきます。かなりの高級レストランでも、残してしまったものをお持ち帰りの容器に入れて包んでもらうのはごく普通のことです。デリや軽食屋(ダイナー)で出される量はさらに多いです。過去そのような場所は、労働者が最後のシフトの後にごはんを食べるところでした。

ドギーバッグを手に入れるには

とても簡単です。ただ食べきれない分をお皿の上にそのまま残しておいて、ナプキンを上にかけたりしないことです。90%のレストランでは、スタッフが残りをお持ち帰りされたいか尋ねるでしょう。もし訊かれなければ「包んでもらえますか?」と尋ねて大丈夫です。

エリックからの旅のアドバイス:2人でひとつのメニューをシェアしたほうが良い場合もあるでしょう。特に軽食屋でバーガーとフライドポテトを頼む場合です。これで節約にもなりますし、観光しながらお持ち帰りの袋を持ち歩いたり、残り物を捨てて無駄にすることもありません。

ニューヨークの「ドギーバッグ」 オリーブガーデン ニューヨークでの「ドギーバッグ」

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する