ニューヨーク メット ブロイヤー

ニューヨーク メット ブロイヤー

ニューヨーク メット ブロイヤーは、コンテンポラリーアート、モダンアートを扱う美術館で、メトロポリタン美術館(Met)の一部です。メット ブロイヤーは5番街のメット本館及びクロイスターズの大規模な展示をさらに拡張するものです。この美術館はマルセル・ブロイヤーのデザインによる建物にあり、これはかつてのホイットニー美術館です。メットのチケットで、同じ日に限りメット ブロイヤーとクロイスターズにも入館できます。メット ブロイヤーはメトロポリタン美術館の本館から徒歩およそ15分のところに位置しています。モダンアートに興味のある方には必見の美術館です。

メット ブロイヤーは残念ながら閉館しました。メット 本館メット クロイスターズは引き続き見学できます。

メット ブロイヤーのコレクション

メット ブロイヤーには、20世紀、21世紀のものに主にフォーカスした、世界中からの様々な芸術作品が展示されています。アートプログラムには、エキシビション、パフォーマンス、レジデンス、教育的取り組みなどが含まれています。この美術館では、慣習がアート、建築、デザインなどを探求することができるようなインタラクティブなプログラムも企画しています。正直、この美術館に行くまで、どんな展示なのかまったく分からないし、行く価値があるのかと思っていました。しかし行ってみて、ファン ゴッホ、ダ ヴィンチなどの巨匠の作品を多数見つけてとても驚きました。アート好きな方には、メット本館だけでなくこちらもニューヨークでの行き先リストに加えることを強くお勧めします。

ニューヨーク メット ブロイヤー - ラファエル メングス ニューヨーク メット ブロイヤー - 巨匠たちの未完成作品展

エリックからの旅のアドバイス:メット ブロイヤーへの入館は、メット本館のチケットに常に含まれていますので、別個のチケットを購入することはできません。ニューヨークパスニューヨークシティパスも、メット、メット クロイスターズ、そしてメット ブロイヤー共通の入館チケットを含んでいます。これらのチケットは、同日入館に限り有効であることにご注意ください。複数のメットの別館を訪問したい場合は、事前によくプランニングをされることをお勧めします。

メット ブロイヤーの建物

メット ブロイヤーの建物は、マンハッタン・ダウンタウンに引っ越したホイットニー美術館のかつてのロケーションでした。メットは展示の拡張のため、このかつてのホイットニーの建物をリースする契約を交わしました。5階建ての建物の2、3、4、5階部分に展示があります。1階にはロビーギャラリー、レストラン、そして沈床式庭園があります。コーヒーと軽食を出す5階のポップアップカフェ、ブルーボトルコーヒーに行くこともできます。

ニューヨーク メット ブロイヤー - ダ・ヴィンチ ニューヨーク メット ブロイヤー - エントランス

基本情報

  • 開館時間:
    • 月曜休館
    • 火曜-木曜:10:00-17:30
    • 金曜、土曜:10:00 – 21:00
    • 日曜:10:00 – 17:30
    • サンクスギビング(11月の第4木曜)、クリスマス(12月25日)、元日は休館
  • 所在地:945 Madison Avenue
このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する