ニューヨークのアムトラック

ニューヨークのアムトラック

ニューヨークのアムトラックは、アメリカのほぼすべての主要都市を結ぶ鉄道会社です。たとえばニューヨークからワシントンD.C.またはボストンまで電車で行くなら、アムトラックが利用できます。アムトラックには様々な価格帯のチケットがあり、列車はマンハッタンのペンステーションから出発します。

ニューヨークからアムトラックを利用する

アムトラックは「アメリカ」「トラック」の略です。つまりJRのアメリカ版というわけです。列車の移動距離がかなり長いため、多くの列車は快適で、設備が整っています。アムトラックはアメリカのほぼすべての州の間で、毎年何千万人もの乗客を運んでいます。アムトラックのニューヨークのホームは、ペンステーションのモイニハン・トレインホールです。この旧ジェームズ A. ファーリー郵便局ビルから出発し、列車はフィラデルフィア、ワシントンD.C.、ナイアガラの滝などへ向かいます。

NY アムトラックチケット

ニューヨークのアムトラックチケットはオンラインで注文できます。ほとんどの場合は特定の日時のチケットを予約するため、この特定の列車に乗れることは保証されています。アムトラックのチケット価格はフレキシブルで、出発日が近づくにつれて値上がりする傾向にあります。フライトと同じように様々なクラスを予約できます。通常は、コーチクラスとビジネスクラスの選択肢があります。一部の路線ではさらに豪華なファーストクラスがある場合もあります。路線ごとに、異なる種類の列車が使用されることがあります。たとえば、快速か鈍行かも選択でき、それに応じて価格も変わります。様々な列車、チケットの種類、予約クラスの違いなどで、アムトラックのチケット予約をする際には少し混乱することがあります。

エリックからの旅のアドバイス:アムトラックのチケットは、通常の電車のチケットよりは飛行機のチケットに近いと思います。そのため、飛行機のチケット予約でもいえるように、チケット購入が直前になりすぎないようにする必要があります。チケットの購入を出発の数日前まで遅らせるのではなく、比較的有利な価格で購入できるように、日数に余裕を持って予約します。ラストミニッツでの空席はほとんどなく、チケットが非常に高額になることがあります。

アムトラック ニューヨーク ニューヨークのアムトラック駅

列車

アムトラックハルートにより異なる種類の列車を使用します。寝台車やレストラン付きの列車、車を収容できる列車もありますが、多くの路線では通常のタイプの車両を利用しています。さらに多くの場合WiFiが利用可能で、コーヒーを飲んだり夕食も食べたりできるレストランやバーが備えられていることが多いです。バーには「ドームカー」と呼ばれる半円形のガラス屋根の列車がよくあります。ここからは美しい風景を眺めることができます。

アムトラックのルート

ニューヨーク発着のアムトラックのルートはいくつかあります。すべてのアムトラックの路線には独自の、想像力に富んだ名前が付いています。たとえばカナダ行きのルートは「メープルリーフ」で、他の路線には「サウスウェスト・チーフ」や「テキサス・イーグル」などもあります。ニューヨークからアムトラックでワシントンD.C.へ行けば、1日、または複数日にわたってアメリカの首都観光ができます。ニューヨークから人気のアムトラックの目的地にはボストンやシカゴもあります。フィラデルフィアも電車で行けますが、この街を観光するにはフィラデルフィア日帰りツアーを利用するのがより手っ取り早いです。

ニューヨークのアムトラックにはどのルートがありますか?

ニューヨークのアムトラックを利用して、ワシントンD.C.、ボストン、ナイアガラの滝、その他の場所へ行くことができます

ニューヨークではどの駅からアムトラックに乗れますか?

マンハッタンのペンステーションからアムトラックの列車に乗ることができます。詳しくはこちらから

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する