ニューヨークのフリートウィーク 2021

ニューヨークのフリートウィーク

ニューヨークのフリートウィーク は、毎年5月の1週間にわたって開催される、米海軍、海兵隊及び沿岸警備隊の推進週間です。

最初のフリートウィークは、1982年にニューヨークで企画されました。その当時から、マンハッタン西のハドソンリバーにあるニューヨーク・パッセンジャーシップターミナルに巨大な海軍艦艇が1週間にわたって停泊します。様々なピア(埠頭)からこれらの艦艇を眺めることができます。また、ガイドツアーもあります。フリートウィーク中、水兵、海兵隊員、それに湾岸警備隊員に手を振ったり、軍隊のデモンストレーションや航空ショーを観ることができます。

ニューヨークのフリートウィークはいつ?

イベントは1週間にわたり、毎年大体同じ時期に開催されます。2020年は5月20日から26日となります。艦艇は木曜から火曜の8:00-17:00までアクセス可能です。

ニューヨーク フリートウィーク 5月のフリートウィーク ニューヨーク

フリートウィークでは何をする?

技術革新のファン、それとも大きくて印象的な軍艦を間近で観てみたいですか?でしたらぜひ艦艇のひとつを訪れてみるべきです!子どもたちにも楽しめますし、船上でできることも色々あります。フリートウィーク中にイントレピッド海上航空宇宙博物館に行ってみるのも良いでしょう。入館にはチケットが必要です。

イントレピッド ニューヨーク NYC フリートウィーク

フリートウィークの公式なオープニングとして、船のパレードもあります。パレードはヴェラツァーノナローズブリッジを通ってニューヨーク港に入港します。ニューヨーク港、バッテリーパークまたはハドソンリバーパークからパレードをご覧いただけます。

フリートウィークの歴史

最初のフリートウィークは、1935年カリフォルニア太平洋万国博覧会の一部として企画されました。ふたつの世界大戦の間のその時期ルーズベルト大統領は、ちょうどドイツと日本が実行したと同じように、米海軍の増員によって、世界規模での衝突に対応しようとしていました。サンディエゴでの最初のフリートウィークでは、軍艦や航空機にかなりの人出がありました。ニューヨークでの初のフリートウィークは1982年に開催されました。

メモリアルデーは必ずフリートウィーク中にあります。メモリアルデーは、軍に従事していたすべての男女に敬意が表される日です。

エリックからの旅のアドバイス:船を観たい、特に中に入って観たい場合はお早めに情報収集することをお勧めします。かなり行列している可能性があるので、クローズする時間よりも前に行列に並ぶのを止められることもあります。船上で飲食物の購入はできませんが、周りの数々のピア(埠頭)にたくさんお店があります。

ニューヨークシティ フリートウィークの船

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する