ニューヨーク グランドセントラル ターミナル

グランドセントラル ターミナル

ニューヨーク グランドセントラル ターミナル -グランドセントラル駅(グランドセントラルターミナル)は1913年2月にオープンし、その日最初の電車が12時20分に出発しました。同じ場所に鉄道駅があった名残で、多くの人は今でもグランドセントラル「駅」と呼びます。42nd Streetの地下鉄駅の名称として、単純にグランドセントラルと呼ぶ人もいます。近くに停まるホップオンホップオフバスを利用して来ることができます。

グランドセントラルの通勤客と、大々的な改修

世界最大のグランドセントラル駅は、ニューヨーク旅行の際には旅程に入れる価値は十分にあると思います。多数のレストランの他、44本のプラットホームと67本の線路から成ります。ほとんどの人はしかし、その壮大なメインコンコースを観にやってきます-確かに素晴らしいです!

現在の建物が建設されたとき、近隣にも電気が通るようになったため、商業オフィスに最も望ましい地域となりました。建物の中に入ると、ワールドトレードセンターでの9/11同時多発テロの後から吊り下げられるようになった大きな星条旗が目につきます。

しかしいちばん有名で目につくものは、インフォメーションブースの上にある四面の時計かも知れません。各面オパールでできているこの立派な時計は、1000万から2000万ドルの価値があるといわれています。毎日75万人以上の人が駅を利用しており、通勤客の93%は大卒者だそうです。これほど多くの人が利用していながら、駅がきれいなことには驚きます。といってもずっとそうだったわけではありません。駅は内も外も広範囲に渡って改修されているからです。駅周辺も常に変化しています。最近加わったもののひとつに摩天楼ワン・ヴァンダービルトがあります。ここにはサミット展望デッキがあります。

グランドセントラル ツアー

この美しい駅のすべてを知りたい方は、ぜひともツアーを予約すべきです。熟練のツアーガイドによる公式グランドセントラルウォーキングツアーなら、特別なスポットのすべてを余すところなく見学できます。東側の階段、天体の描かれた天井、そしてセントラルホールの中心を成す有名な時計もその一部です。

こちらからグランドセントラルツアーを予約

グランドセントラルのショップやレストラン

グランドセントラルでは今や、単なる交通のハブとしてだけ有名なのではありません。最近では多様な店舗、レストラン、さらにはフードマーケットまで、ターミナルの中にあります。アップル製品なら、上からメインコンコースを望めるアップルストアへ行くと良いでしょう。ストアへたどり着くには、イーストバルコニー方面の階段を登って行きましょう。1階にはGrand Central Marketがあります。地元産のフルーツ、コーヒー、パンといった製品を売っているマーケットです。調理されたフードをお望みなら、Great Northern Food Hallに行けば完璧です!ヴァンダービルトホールに位置するこのフードマーケットには、スカンジナビア出身の様々な種類のスタンドが立っています。

エリックからの旅のアドバイス:グランドセントラルは壮麗な建築物で、非常に興味深い部分がたくさんあります。中にテニスコートまであるなんてご存知でしたか?私はよく、まっすぐ朝ごはんかランチを食べに行くことができる、早朝または午後一番の時間帯に行きます。

グランドセントラルマーケット グレートノーザンフードホール

駅でのびっくりポイント

駅舎を訪れた際は、上を向いて天井を見てみることを忘れないでください。12年間の修復の後、美しい星座の描かれた天井が一般公開されました-長いこと、タバコのやにとニコチンで隠されていたものです。マイケル・ジョーダン・ステーキハウスの上の小さな一区画だけは、訪れる人にかつての汚れを思い出させるため、残してあります。しかしながら、星座の絵それ自体には、ふたつの大きな間違いがあります-逆向きであることと、星座の絵が若干ずれていることです。これは、神の視点で、地球を外側から見たように描かれたのだと説明する人もいます。星座の絵自体は、中世の写本をもとにデザインしているため、若干位置が違います。これらのこと、お子さんたちにも教えてあげましょう。とても印象深く感じることでしょう。

ウィスパリング回廊

その他にお子さんを、あるいは特別などなたかを喜ばせること間違いなしなのは、「ウィスパリング回廊」です。お食事処コンコースのオイスターバーの近くで、陶器製のアーチ状の天井を伝って、アーチの端と端で囁いたのが大きな声で話しているようによく聞こえる、というのです。やってみるには二人の人がいなくてはなりません。それぞれがアーチの端と端に立ち、壁のほうを向いて囁きます。どんな風に聞こえるか、やってみると驚きますよ!

最後に、旅行仲間を建物自体についての薀蓄で驚かせてしまいましょう。たとえば、フランクリン・ルーズベルト元大統領がかつてやっかいなジャーナリストたちを避けるために利用していたホテル、ウォルドルフ=アストリア直結の秘密のプラットホームが61番線にあることはご存知ですか?

基本情報

  • 所在地:East 42nd St & Park Avenue
  • 営業時間:毎日5:30 – 翌2:00
  • アクセス方法:地下鉄4、5、6、7、S線を利用し Grand Central (42nd Street) 下車

グランドセントラル ターミナル - 時計台 Grand Central Station New York

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する