ニューヨーク テネメント博物館

ニューヨーク テネメント博物館

ニューヨークのテネメント博物館は、多数の移民の歴史を伝えています。この博物館は、既に有名どころの美術館、博物館には行ったことがあり、「人種のるつぼ」についてもう少し知りたいという方に向いています。テネメント博物館は1988年に設立され、6軒のアパートメントをもとの状態に修復したものです。観光客に、ニューヨークの歴史のユニークな視点を与えてくれます。熱心なガイドが数々のアパートメントを案内してくれます。この地域がどのようにして「リトルジャーマニー」になっていったか、その後東欧人、そして最終的にはアイルランド人コミュニティができていったかが分かります。

ロウアーイーストサイド

ニューヨーク 最高の美術館・博物館のひとつ、テネメント博物館は、ロウアーイーストサイドの97 Orchard Streetにあります。1863年から1935年の間、20の異なる人種の移民のべ7000人の住宅であったアパートメントの中に位置しています。住民にはひとつの共通点がありました。それは、極貧の中で、数々の大きな課題に直面しているということでした。彼らは新しいアイデンティティに慣れ、将来のために死に物狂いで働き、ものすごく少ない資金で家族を支えなければなりませんでした。ガス、水道、電気のない、それに他の20家族と裏庭のトイレをシェアする生活って、想像できるでしょうか?

ニューヨーク テネメント博物館 - 1960年代 Saez-Velez一家 ニューヨーク テネメント博物館 - L-Clayman

テネメント博物館のアパートメント見学

テネメント博物館を見学するには、3通りの方法があります。

  • 97 Orchard Streetのアパートメントを観る
  • 衣装を着た俳優/女優扮する住民に会ってみる
  • ロウアーイーストサイドのツアーを予約し、移民の界隈がどのように発展していったのかを知る

注意:アパートメントの内部は、ガイドツアーでのみご覧いただけます。複数のツアーが同時刻に始まることが多いため、申し込んだ正しいツアーの集合場所にいるか、注意が必要です。館内での写真撮影はできません。

Hard Times(生活苦)ツアー

てねめんと博物館が提供するツアーで、最も印象的なツアーのひとつだと思います。このツアーでは、ユダヤ系ドイツ人ギュンペルツ一家の家を訪れます。1873年から3年にわたる大不況で、金融危機により多くの会社が倒産し、ストライキが多発した時期に、一家の主人は忽然と姿を消します。

所要時間:1時間
対象年齢:12歳以上

エリックからの旅のアドバイス:テネメント博物館をしっかり味わいたいなら、ホアキン・フェニックス、ジェレミー・レナー、マリオン・コティヤール出演の映画「エヴァの告白(The Immigrants)」をご覧になってから博物館へ行かれることをお勧めします。歴史や当時の移民の生活状況に興味を持っておられるなら、この映画と博物館は素晴らしい組み合わせだと思います。

基本情報

ご購入されたチケットを、ツアーの始まる前に博物館でピックアップしていただく必要があります。ツアー開始の遅くとも15分前までにはいらっしゃることが望ましいでしょう。ギフトショップは待っている間、一見の価値ありです。ミュージアム設立の経緯やそれぞれのツアーについて簡単な説明があるイントロダクションビデオを観ることもできます。

  • 所在地:103 Orchard Street、Orchard StreetとDelancey Streetの交差する角
  • 行き方:最寄りの地下鉄はB/D線(Grand Street)、F線(Delancey Street)、J/M/Z線(Essex Street)です。バスM15番とホップオンホップオフバスは、Orchard Streetからわずか1ブロックのGrand StreetとAllen Streetの交差点に停まります
  • 開館日時:
    • 毎日 10:00 − 18:00

チケットはこちらからご購入いただけます。このウェブサイトでは、どのツアーに何枚まだチケットが残っているか見ることができます。大人数のグループ予約の際には便利です。

ニューヨーク テネメント博物館 - L Clayman ニューヨーク テネメント博物館 - Baldizziのキッチン

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する