ニューヨーク ハイラインパーク

ニューヨーク ハイラインパーク

ニューヨーク ハイラインパーク は高架鉄道上に作られた縦長の公園で、マンハッタンの中心部に位置しています。ミートパッキングディストリクトからハドソンヤードまで続いており、毎年数百万の人々が訪れます。公園内を散策すればマンハッタンやハドソン川の素晴らしい眺めが楽しめるだけでなく、マンハッタンの都会の喧騒から離れることができ、いい気分転換になります。

高架線路

ハイラインパークは、1930年代に建てられて現在は使用されていなかった、全長2.3キロメートルの高架鉄道上に位置しています。1934年以来、10番街と並行して走るこの鉄道は、マンハッタンの西側に肉や鶏肉を運搬するために使用されていました。高速道路の発達により、鉄道は不要となっていき、最後の鉄道が運行されたのは1980年のことでした。

2003年には、ハイラインパークの開発には1億5000万ドルかかることが推定されていました。ニューヨーク市には支払い不可能な額でしたが、公園周辺の住宅用不動産は上昇の兆しを見せており、税収も見込めたことから、市は公園の開発を決めました。

2006年には3部分のうち最初のひとつで工事が始まり、その年の6月には一般公開されました。2011年8月には2箇所めがオープン。最後の部分の工事も終わり、2014年9月にオープンしました。2019年夏には、30th St & 10th Aveより北の部分に”Spur”と呼ばれるハイラインの延長線がオープンしました。この部分は、元々の鉄道線路の最後の残りです。

ハイラインパークツアー

歴史(1847年までさかのぼります!)を学びつつハイラインパークを探索されたい場合、ハイラインパークウォーキングツアーにご参加されてみてはいかがでしょうか。2時間にわたるこのツアーでは、ニューヨークの「西部のカウボーイ」についてや、2.33kmにわたる公園に植わっている多様な植物についての説明を聞けます。公園散策の後は、タイタニック号沈没の生存者の下船場所であるホワイトスターピア(White Star Pier)、そしてオレオクッキーが製造された旧ナビスコ工場を観ることができます。このツアーは3月末から10月末、公園の木々や花々が満開の時期に参加されることをお勧めします。

こちらからハイラインパークウォーキングツアーを予約

ニューヨーク ハイラインパーク - ラウンジチェア ニューヨーク ハイラインパーク - 壁画

ハイラインを歩く

ニューヨークのハイラインを自由に歩くことももちろん可能です!パークへの入園は無料ですし、新しいハドソンヤード地区からチェルシーを通ってグリニッチヴィレッジまで、またその逆の道順を歩ける最高のルートです。以下は私のお勧めのルートです:

34th Street の 11th Avenue と 12th Avenue の間から、ハイラインのスタート地点にアクセスできます。ハイラインへはスロープを登って行くことができ、車椅子でもアクセス可能です。散策を始める前に、せっかくハドソンヤードにいるので、ベッセルの印象的な建築を観てみましょう。また、ニューヨークで最も高い屋外展望台であるエッジ展望台も同じエリアにあります。

散策を楽しむベストな方法は、ご自身のペースで歩きながら、典型的ニューヨークのインダストリアルな美しい街並みを立ち止まって観たり、写真を撮ったりすることです。ハイラインに沿って散策すると、次のような象徴的な場所を観ることができます:

  • 25th Street から 27th Street までのPhilip A. and Lisa Maria Falcone Flyover:ハイラインの高さから木々の梢が観られます。
  • 17th Street の 10th Avenue Square:この野外アンフィシアターで腰掛け、実際に定期的に上演されるパフォーマンスと同様に、騒然とした街の光景を観てみてください。
  • 15th Street と 16th Street の間の Chelsea Market Passage:ここからチェルシーマーケットへ降りて、グルメな休憩時間をとりましょう。昔のビスケット工場(ナビスコ)に位置するこのマーケットは、あなたの味覚を喜ばせてくれることでしょう。
  • Gansevoort Street の Tiffany & Co. Foundation:1980年代に鉄道が新興住宅地に場所を譲り、ハイラインの南端となった通りを見下ろすバルコニー。

ハイラインをすっかり歩くと、Gansevoort Street と Washington Street の交差するせわしないニューヨークの通りに到着します。ここからは、その雰囲気と、いくつものTVシリーズで有名になったグリニッチヴィレッジへ行くことができます!

エリックからの旅のアドバイス:私にとってハイラインパークは、ニューヨークの中でもユニークで風変わりな場所です。美しい眺め、ユニークな視点で眺めるニューヨークの景色、そして「都会の大自然」を体感できます。ハイラインパークで最高の季節は春・夏です。紅葉は観られませんが、冬でも行く価値はあります。

ハイラインパークのアート

ハイラインを歩くと、街の素晴らしい景色に驚かされることになります。しかし芸術愛好家にとってハイラインパークは多数のアート作品の宝庫でもあります。ハイラインは毎年30以上もの芸術的プロジェクトに参加しており、そのうちいくつかの公演、彫刻、壁画、ビデオなどは公園内で展示・上演されます。ただの散歩が文化的発見になります!

基本情報

  • 所在地:ハイラインパークは、マンハッタンの西側、Gansevoort Street(ミートパッキングディストリクト)とW 34th Stの間、10th – 12th Aveの間に位置しています。
  • 開園時間:
    • 12月1日 – 3月31日 07:00 – 19:00
    • 4月1日 – 5月31日 07:00 – 22:00
    • 6月1日 – 9月30日 07:00 – 23:00
    • 10月1日 – 11月30日 07:00 – 22:00

ニューヨーク ハイラインパーク - ビル群に囲まれた公園 ニューヨーク ハイラインパーク - 散策

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する