ニューヨーク フラットアイアンビル

ニューヨーク フラットアイアンビル

ニューヨーク フラットアイアンビル は、フラット・アイアンビルとしても知られ、ビッグアップルで最も有名なランドマークのひとつです。この三角形のビルはその形状から、日本でも、「アイロン」の形のビルとして知られています。このビルはマンハッタンの、フィフスアベニューとEast 23rd Streetの角にあります。

NY フラットアイアンのすべて

ニューヨークというと、スカイライン、自由の女神、ブルックリンブリッジ、そしてもちろんフラットアイアンビルのことを思い浮かべるに違いありません!この印象的なビルはまさにアイキャッチャーで、素晴らしいシャッターチャンスでもあります。このビルがどうしてフラットアイアンビルと呼ばれているのかを考えてみたことが恐らくおありでしょう。「フラットアイアン」とは英語でアイロンのことを指します。アイアンビルということばはつまり、この特別な形状を指しているのです。

フラットアイアンビルのフロアプランは、ある点に向かって細くなる三角形です。これは、建物の長い辺が、2つの短い辺よりもはるかに長いことを意味します。この建物を、特に上からよく観ると、その意味がすぐに分かります。フラットアイアンビルは世界で唯一の「鉄製の建物」ではありませんが、最も有名であることは間違いありません!

フラットアイアンビルはどこにあるか?

フラットアイアンビルはとても目を引く形状をしているため、見逃すことはないと人々はいいます。しかしながら、建物の色味と形状から、遠くから観ると周りのビルと混ざって分かりづらいのです。フラットアイアンビルがすぐに見つからなくても心配する必要はありません。私の無料アプリ Eric’s New York を使って、この有名なビルにたどり着きましょう。

フラットアイアンビルの正確な住所が必要なら、このランドマークはフラットアイアン地区の 175 Fifth Avenue に位置しています(East 23rd と 22nd Street の間)。そうです、地区もこの有名な摩天楼にちなんで名付けられているのです!この地区は1980年に、住宅購入者や賃貸オーナーを惹きつける目的でこう命名されました。それ以前は多数のおもちゃ工場があったことから、トイディストリクトと名付けられていました。

フラットアイアンビルの内部

フラットアイアンビルの内部を見学できるかどうかや、内部がどのようになっているかなどを問い合わせるEメールを私はよく受け取ります。私の回答にはがっかりされるかも知れません、ビルには主にオフィスが入っています。このため、エンパイアステートビルのように見学することができません。このビルのマジックは主に、その特別な形状のため、内部を観ることはそれほど重要なことではありません。フォトモデルのように、ビルそのものが美しさを表しています!

フラットアイアンビルの高さ

フラットアイアンビルの前に立つこともとても印象的な体験です。目線は自然に上を向き、フラットアイアンビルって一体どのくらいの高さがあるのだろうと思う人は少なくありません。

フラットアイアンビルの高さは86.9mで、ビッグアプルの摩天楼の中では小人といえます。特にエンパイアステートビル(てっぺんを除いても381m)やワンワールドトレードセンター(やはりてっぺんを除いて417m)と比較すればです。しかしもちろん、サイズは関係なく、フラットアイアンビルはその美しい外観で人々を魅了します。

ニューヨーク フラットアイアンビル - 眺め ニューヨーク フラットアイアンビル - フラットアイアンビル前の時計

映画やテレビに登場するニューヨークのフラットアイアン

このニューヨークの鉄の家は、しばしば非常に親しみを持たれていることからも分かるように、年月を重ねるうちにニューヨークの本物のシンボルとして定着しました。フラットアイアンビルが映画やTVシリーズに定期的に登場するのも不思議なことではありません。このビルが米軍によって誤って破壊されて(1998年の映画「ゴジラ」など)いなければ、「フレンズ」などのシーンチェンジの背景としてよく使用されています。「スパイダーマン」三部作のデイリービューグル新聞の拠点としても有名になりました。

ニューヨークの有名ロケ地についてもっと知りたい方は、ニューヨークTV映画ロケ地ツアーを利用して、もっともアイコニックなロケ地をご自身の目で確かめてみてください。

フラットアイアンビルの歴史

ニューヨークのフラットアイアンビルは、ニューヨーク初の摩天楼と信じられてきましたが、そうではありません。「ニューヨーク初の摩天楼」の称号は、1889年に建てられた11階建のビル、タワービルに与えられます。タワービル完成の13年後、1902年にフラットアイアンビルは建てられました。タワービルは1913年に取り壊され、既に存在しません。そのため、現存するニューヨーク最古の摩天楼はフラットアイアンビルということになります。

フラットアイアンビルの歴史は、デザインと建築を依頼された建築家、ダニエル・バーナムから始まります。バーナムは生涯にわたり、アメリカで最も有名な建築家の一人でした。彼による大胆なデザインのNYフラットアイアンは当初、ニューヨークの新聞から多くの嘲笑を受けました。ニューヨーク・トリビューンは彼の作品を「ほんの少しのケーキ」「ニューヨークで最も活気のないトラブルメーカー」と表現しました。

幸いなことに人々はすぐにフラービル(実際に意図されていた名前)を受け入れ、それ以上騒ぎ立てることなくフラットアイアンビルと改名しました。新しい鉄骨構造のため建設はわずか1年で完了しました。これは確かにこのビルの名声の高まりに貢献したといえます。

フラットアイアンは22階建てで、当初からオフィスフロアとして設計されてきました。1959年には出版社のセントマーティンズプレスが入居し、徐々に追加のフロアを借りていき、2004年からはこのビルの唯一のテナントでさえありました。最近の大規模な改修後も、ニューヨークのフラットアイアンは引き続き、オフィスビルとして機能します。

1989年、ニューヨークのフラットアイアンは国定歴史建造物に指定され、さらにその人気を増しました。このビルは現在、$1億9000万の価値があると見られています。だから写真を撮るときは、とても高価な鉄があなたのレンズの前にあるのだということを忘れないでください。

ニューヨーク フラットアイアンビル - マディソンスクエアパーク ニューヨーク フラットアイアンビル - 夜間

フラットアイアンビルは何故有名なのでしょうか?

この特別な形状と、その他いくつかの理由で有名です。こちらから詳しくお読みください

フラットアイアンビルに入ることはできますか?

フラットアイアンビルは、エンパイアステートビルのような展望台ではなく、ビル内にあるのは主にオフィスです

フラットアイアンビルはニューヨークのどこにありますか?

フラットアイアンビルはニューヨークのミッドタウン、より正確にはフラットアイアン地区にあります。正確な住所はこちらの記事内にあります

フラットアイアンビルには何がありますか?

フラットアイアンビルはよく勘違いされるようですがホテルではありません。ビル内のテナントは主にオフィスです

フラットアイアンビルにはチケットが必要ですか?

フラットアイアンビルには展望台はなく、チケットが必要な観光地ではありません。ビル内の観光はできません

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する