ニューヨーク 国際写真センター

ニューヨーク 国際写真センター

ニューヨークの国際写真センター(International Center of Photography、ICP)は、写真にまつわる美術館、学校、研究所です。センターはロウアーイーストサイドに位置しています。センターは1974年、有名写真家Robert Capaの弟Cornell Capaが設立しました。現在では、写真やあらゆる再生像の実践と理解に特化した世界有数の機関です。

こちらからニューヨーク国際写真センターのチケットを購入

施設情報

開館以来5000もの個展やグループ展で、ICPは開館以来3000以上の写真家やアーティストの作品を紹介してきました。この数字を見て大きな美術館を想像されるかも知れませんが、そうではありません。ニューヨークの他の美術館・博物館に比べるとかなり控えめな規模の博物館です。いや、控えめどころかむしろ小さいという人もいます。ICPには10万点もの作品がありますが、1-2の小さな展示に留めています。

収容作品

Cornell Capaがこの美術館をオープンした当初の目的は、1950年代に亡くなっていった兄Robert Capaと、Werner Bischof、Chim (David Seymour)、Dan Weinerといった同僚たちに敬意を表し、「コンサーンド・フォトグラフィー」の伝説を守ることでした。彼らの作品は、W. Eugene Smith、Henri Cartier-Bresson、James VanDerZee、Lisette Modelなどの作品と並び、常設展に重要な役割を果たしています。ICPは20世紀アメリカ及びヨーロッパのドキュメンタリー写真で有名ですが、この美術館は、視覚文化全体を探訪することをも目的としており、その展示には深く考えさせられるものがあります。伝統的な写真だけでなく映像やソーシャルメディアアートなどを、驚くべき方法で並置しています。

ニューヨーク 国際写真センター - 展示 ニューヨーク 国際写真センター - 展示 Public, Private, Secret

美術館内の見学

展示にもよりますが、美術館内の見学に45分-1時間ほどかかるでしょう。近くのニューミュージアムと組み合わせて行くことも簡単にできるでしょう。色々な種類のキッシュ、サラダ、サンドイッチなどがあるミュージアムカフェでは無料のWiFiも利用できます。アーティストによる経営のブックストアは小規模ですが、展示を補う内容の本が揃っています。国際写真センターのチケットはニューヨークパスに含まれています。

基本情報

  • 開館時間:
    • 火曜閉館
    • 月曜 – 日曜:9:30-18:30
    • 木曜:20:30まで開館
  • 所在地:79 Essex Street

こちらからニューヨーク国際写真センターのチケットを購入

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する