Menu
ご質問はこちらへどうぞ。Eメール eric@newyork.jp
ニューヨーク 子連れ レストラン

ニューヨーク 子連れ レストラン

ニューヨークで子連れでお食事

ニューヨーク 子連れ レストラン -ニューヨークでは、子連れで行けるレストランがたくさんあります。慣れない旅先しかも海外で、子連れでの外食をぐんと楽にしてくれる要素が色々あります。たとえばニューヨークでは、前菜(アパタイザー)だけを注文することや、お皿やフォークなどの食器を余分に頼んで食事をシェアすることは普通のことです。ピッツァは特に、サイズが大きいのでシェアするのに十分です。もうひとつの選択肢は、ビュッフェスタイルのディナークルーズです。クルーズが観光の良い息抜きになりますし、ビュッフェなら子どもが自分の食べたいものを食べたい分だけとることができるので、理想的です。

考慮すべきこと

考慮すべきことはいくつかあります。たとえば、予約は通常、できないことが多いです。つまり、席に通される前にお店の外で待つことが普通だということです。大人にとっては問題ないかも知れませんが、30分、1時間と待たされた子どもが、まだ素敵なディナーを欲しがるでしょうか?チェーンのレストランならお店の外にイスも置いてあるかも知れませんが、小さなところならそれはないでしょう。少しでも長い待ち時間を避けるための唯一のアドバイスは、18:00になる前にお店に行くことです。これで、特にミッドタウンのレストランにミュージカル鑑賞前にお食事をとやって来る人の混雑に巻き込まれずにすむでしょう。

以下に年齢別に、子どもに最適なレストランを挙げてみました

乳幼児

私自身も小さな子どものパパをしているからいいますが、乳幼児を連れて高級レストランに行くことはお勧めしません。こういったレストランは狭くて窮屈で、バギーを入れるスペースはありません。お子さんがお膝に座ったり、子ども用のハイチェアがあれば(あまりないですが)、もしかしたらお食事は可能かも知れません。ただし、普段はおとなしい子どもが高級レストランで奇声を上げ始めたらどんなに肝が縮むか、考えてみましょう。また、乳幼児が来ることを想定していない高級レストランに、おむつ替えの設備はないものと思っておきましょう。
行くなら大きめのチェーンレストランが良いでしょう。こういったチェーンのレストランはスペースが広く、バギーを置くスペース、ハイチェアやキッズメニューがあって、子連れ歓迎の雰囲気が感じられます。フライデーズ、Dallas BBQ、アップルビーズ、オリーブガーデン、レッドロブスターなどがあります。

ニューヨークで子連れでお食事 - アップルビーズ ニューヨークで子連れでお食事 - レッドロブスター

幼稚園生、小学生(5-12歳前後)

この年代の子どもは外食が好きですが、特にお食事だけでない楽しい経験ができると喜びます。デイヴ&バスター(42丁目)にはゲームゾーンがあります。映画「フォレストガンプ」をテーマにしたタイムズスクエアのシーフードレストラン、ババガンプシュリンプも、お子さんが映画を観たことがあれば特に、行くだけで楽しいレストランでしょう。

中高生

この年代の子どもなら、バーガーやピッツァを好むお子さんが多いのではないでしょうか。ニューヨークでは美味しいバーガーやピッツァが豊富にあります。そんな青少年たちと一緒にバーガーやピッツァにかぶりつける最高の場所といえば、たとえば、ファイブナプキンバーガー、ジョンズピッツェリア、ロンバルディーズピッツァなどでしょうか。お子さんはピッツァというけど、大人はバリエーションが欲しいとお思いなら、Carmine’sに行ってみましょう。シーフード、お肉料理、美味しい前菜などが揃ったイタリアンのファミリーレストランです。すべてがシェアできるように作られています。ここならティーンエージャーのお子さんも、もし好きじゃなかったとしてもシェアできるので、気軽に新しい味を試してみることができます。

ニューヨークで子連れでお食事 - フライデーズのバーガー ニューヨークで子連れでお食事 - ジョンズピッツァ

16歳以上

既に青年以上のお子さんとご一緒だとしたら、もう少し「高級」なところにも行きやすいかも知れません。しかしながら、日本では考えられないことですが、ニューヨークでは21歳未満の青年は大人のように外を出歩き、バーに入ることすら許されません。ノボテルの1階にあるSupernovaは、タイムズスクエアを臨むロケーションで、外でもお食事ができる使えるスポットです。金曜は屋上でイベントが催されています。ステーキハウスSTKThe Standard GrillRobert NYCなどのレストランもお勧めです。

エリックからの旅のアドバイス:上に挙げたヒントを活用してほしいですが、ぜひともご自身でも確かめに行ってみてください。レストラン開拓は楽しいですよ。特にニューヨークは、毎週10の新しいレストランが建っているといっても過言ではない競争の激しいところです!

この投稿に興味を持った方は次のようなページも訪れています

コメント欄は閉鎖中です。

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

から
まで
チケットを検索する