ニューヨーク 朝ごはん

ニューヨークでの朝ごはん

ニューヨークでの朝ごはんスポットをお探しですか?ニューヨーカーは仕事に行く途中に朝食をとります。地下鉄駅からオフィスまでの間に、様々な食べ物を売っている無数の屋台が並んでいます。コーヒーをお探しですか?コーヒーはブラックで頼むようにお気を付けて!低脂肪乳入りの水っぽくて不味いコーヒーを出されてしまいますので。また、こういった屋台でちゃきちゃきしたスタッフに当たったら、のろのろしていると嫌がられます!頼むものをしっかり決めておきましょう。ダイナーでの朝ごはんのほうがずっと良いです。ダイナーは街中の至るところにあります。究極のアメリカ体験を求めるなら、ニューヨーク滞在中一度はダイナーでお食事することをお勧めします。

ダイナーでの朝ごはん

ダイナーでの朝食は安いです。卵2個にトースト、ポテト、ベーコン、コーヒーにジュースが付いて$8-9を超えることはないでしょう。ダイナーで食事をとるときに、チップは重要です。チップを支払うときは、税(レシートに出ています)の約2倍と考えましょう。通常チップはお会計の15-20%です。レシートをよく見てチップ(サービス料)が含まれているかどうか確認しましょう。

エリックからの旅のアドバイス:本物のニューヨーカーはこんな風に朝食を注文します-”Can I have two eggs sunny side up, white toast, bacon, coffee, and a small OJ?”(目玉焼き2つ、白パンのトースト、ベーコン、コーヒー、オレンジジュースのスモールサイズ)ダイナーでは、たとえ格安$4.50のBreakfast Specialを注文したのだとしても、コーヒーは1杯分でお替わり自由、しかし紅茶の場合は新しいお湯がもらえるだけですので、ティーバッグはとっておきましょう。

ニューヨークでのヘルシーな朝ごはん パンケーキの朝ごはん ニューヨーク

エレンズスターダストダイナー(Ellen’s Stardust Diner)

ニューヨークならではのスペシャルなダイナーへとお思いであればぜひ、ブロードウェイと51丁目(タイムズスクエア近く)のエレンズスターダストダイナーへ行ってみてください。このダイナーのユニークなところは、ホールスタッフが皆「歌える」ところです。食事をとりながら無料のブロードウェイショー鑑賞というわけです!ほとんどのホールスタッフは数か月働いた後にはニューヨークで本物のミュージカルに出演するため辞めていきます。このダイナーでの仕事は踏み台に過ぎないというわけです。

エレンズスターダストダイナーに行くのに最適な時間は8:00から8:30の間頃です。これより後は非常に混雑します。平日は8:00頃(週末はもう少し遅く)からスタッフが歌い始めます。エレンズスターダストダイナーでの朝食は一般的なダイナーより少し割高で、$15くらいからとなるでしょうか。

Breakfast in New York Ellens Stardust ニューヨーク 朝ごはん - エレンズスターダスト 店内

ウェストウェイダイナー(Westway Diner)

1988年創業のウェストウェイダイナーは、年中無休、6:00から翌1:00mでオープンしています。典型的なダイナーで、シンプルなお食事をすばやくサーブしてくれます。スタッフは忙しなく、注文をとりにきてもらう前に何をオーダーしたいか分かっていないとなりません。ここではアラカルト(単品)ではなく、コーヒーとオレンジジュース付きで単品を頼むよりずっと安いセットメニューを頼んだほうが良いでしょう。平日のみセットメニューをご利用になれます。

ウェストウェイダイナー ニューヨーク ウェストウェイダイナー 朝ごはん

ヘクターズ カフェ&ダイナー(Hector’s Cafe & Diner)

ヘクターズ カフェ&ダイナー(1949)はニューヨークでも残り少ない本物の「古風な」ダイナーのひとつです。ヒップでツーリスティックなミートパッキングディストリクトのオアシスです。ヘクターズはラフで、醜く、チープです。この頃はこういうところをミートパッキングディストリクトで見つけるのも難しくなってきました。マーティン・スコセッシは映画「タクシードライバー」のセットにこのダイナーをしようし、またTVシリーズのロー&オーダーにもヘクターズがしようされています。食肉加工人、麻薬中毒者、麻薬密売人などといった、長きにわたってこの地区を特徴づけてきた人々になった気分で、このダイナーへ行ってみましょう。すぐ近くのバビーズより、観光地化していないヘクターズのほうへ行ってみましょう。いや、やっぱり、ヘクターズには行かないことにしましょう!この場所は、ニューヨークシティのダイヤの原石であり続けるべきです。

ニューヨーク 朝ごはん - ミートパッキング ヘクターズ ニューヨーク 朝ごはん - ヘクターズ 内装

ラ・ボンボニエール

ウェストヴィレッジにあるこちらのダイナーは、名前とは裏腹に生粋のニューヨーク・ダイナーです。アメリカの慣習通り、安い朝食を素早くとることができます。屋外にもテーブルがあり、良い天気なら利用できますが、店内にも十分なスペースがあり、メニューにある美味しいパンケーキ、バーガー、サンドイッチなどを楽しむことができます。

ニューヨーク 朝ごはん - ラ・ボンボニエール ニューヨーク 朝ごはん - ラ・ボンボニエールでの朝食

トムズレストラン(Tom’s Restaurant)

トムズレストランは、1940年代から営業している家族経営のダイナーです。モーニングサイドハイツ地区に位置しており、テレビ番組「サインフェルド」のロケ地でもありました。私がこのダイナーに行くのはそれが理由でもあります。

トムズレストラン ニューヨーク

La Parisienne

ラ パリジェンヌはフレンチスタイルの居心地の良いレストランです。ファイナンシャルディストリクトに位置しているため、ロウアーマンハッタンに滞在しているなら朝ごはんに最適なスポットです。毎朝9:00にオープンするこちらではアヴォカドトースト、クロワッサン、ヨーグルトなどを楽しめます。素敵なパリジャンランチやハッピーアワーもあります。

グリニッチヴィレッジのBuvette

グリニッチヴィレッジで朝ごはんに良い場所をお探しであれば、ぜひブヴェット(Buvette)へ行ってみてください。こじんまりとして、賑やかな、パリ風のビストロです。美味しいフードとワインへの情熱を持ったスタッフがきびきびと働いています。何度もここでクロワッサンとエスプレッソをオーダーし、バーカウンターに座って朝食をとったものです。小さなキッチンで、典型的フランス料理を作っている様子が伺えます。美味しい朝食やブランチにぴったりの場所だと思います。ワッフルや、トッピングが気前良くサーブされるトースト、ハムとチーズのサンドイッチ、サラダにフレッシュジュースなどをオーダーしてみてください。暖かい時期、外に座るのをお好みでしたら、小さな庭もあります。ブヴェッテ・ガストロテークは朝から夜遅くまでオープンしています。

エリックからの旅のアドバイス:朝ごはんやブランチに最適の素敵なビストロです。ただし、店内が小さく、混雑していることも多いです。予約ができないため、入店できるまでにしばらく待つ可能性もあります。何はともあれここに来たなら、ぜひともお手洗いに立ち寄り、良い香りのハンドソープを試してみることをお忘れなく!

ニューヨーク 朝ごはん ブヴェット ニューヨーク 朝ごはん ブヴェットのメニュー

バワリーホテルのGemma

ロウアーマンハッタンのイーストヴィレッジに、バワリーホテルと、イタリアンレストラン「ジェンマ」があります。セレブ遭遇率も高いジェンマですが、ここではまだまだ比較的低料金で朝ごはんを食べられます。約$8で「お好きなスタイルの卵2つ」、さらに$5でベーコンを加えることができます。朝ごはんから甘いものを食べることが好きなら、パンケーキまたはフレンチトーストが良いでしょう。

ニューヨーク 朝ごはん - Gemma ニューヨーク 朝ごはん - Gemmaの朝食

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する