ニューヨークの街から蒸気が上がるのは何故か?

ニューヨーク 蒸気システム

ニューヨークの街から蒸気が上がるのは何故でしょうか?それはニューヨーク市蒸気システムに関係しています。このシステムが街の大部分を温め、そして冷房も提供します。ニューヨークの蒸気はとても見慣れた光景です。蒸気を吐き出す街路のマンホールや、オレンジと白のしま模様の煙突は、このシステムがある印です。蒸気暖房システムは、ニューヨークの街路の地下に敷設された約170kmにわたる鋼管で構成されています。ニューヨークの蒸気システムの仕組みについては、以下をお読みください。

ニューヨークの街の蒸気

ニューヨークでマンホールの蓋から立ち上る蒸気や、オレンジと白の煙突から出る蒸気は、実は市の暖房冷房システムから出る結露です。冷水が熱いパイプに触れたり、地下の蒸気パイプが漏れたりしたときに起こります。漏れが発生した場合には穴を掘る必要がありますが、下水道マンホールからも蒸気システムの一部にアクセスできます。

これらの「煙突(蒸気の漏斗)」が使用される理由は、すべての交通が煙突を迂回できるようにするためです。これにより蒸気は地面からより高く上がるため、誰にも迷惑を掛けません。さらに、非常に熱い蒸気が直接、人の顔に吹きつけられることもありません。

ニューヨーク 蒸気システム - ニューヨークの通りから出る蒸気 ニューヨーク 蒸気システム - ニューヨークの蒸気

ニューヨーク市の冷房

ニューヨークの蒸気は、大型のスチーム冷却機の動力源としても使用されています。これにより建物内の空調やその他の冷却が行われます。特にMoMAアメリカ自然史博物館などの美術館・博物館でこの技術が活用されています。これによりミュージアム内をより快適に歩けるだけでなく、展示されている美術品その他の工芸品の保護にも役立ちます。

ニューヨーク市蒸気システム

1882年3月以来、ニューヨークの暖房は主にニューヨーク市蒸気システムによって行われてきました。街路の下には約170kmの鋼管が敷かれ、約1,500棟の建物に蒸気を供給しています。蒸気システムはエンパイアステートビルロックフェラーセンターグランドセントラル駅などを含む建物の暖房に使用されています。これらの場所では蛇口から出るお湯も、蒸気システムで加熱されています。

1882 年 3 月以来、ニューヨークの暖房は主にニューヨーク蒸気システムによって行われてきました。街路の下には 105 マイル以上の鋼管が敷かれ、約 1,500 棟の建物に蒸気を供給しています。蒸気システムは、エンパイア ステート ビル、ロックフェラー センター、グランド セントラル ステーションなど、いくつかの建物の暖房に使用されています。これらの場所では、蛇口から出るお湯も蒸気システムによって加熱されています。

NYC蒸気システムはどのように機能するか

蒸気システム全体は次のように機能します。蒸気発生器に入った水は、有害物質が放出されないように、最初に浄化されます。次に水はボイラーのひとつで天然ガスにより、一定の圧力と温度(通常、華氏456度(摂氏236度))に達するまで加熱されます。その後、配管システムを通じてすべての建物に分配されます。

このシステムを最初から支えてきた会社はCon Edison社で、ニューヨークではConEdの名前でも知られています。

ニューヨークでは何故蒸気が出ているのですか?

これはニューヨークの蒸気システムと関連しています。こちらから詳しくお読みください

ニューヨークで見られる蒸気は有害ですか?

ニューヨークの街で見られる蒸気は有害ではありませんが熱いことはあります

夏でもニューヨークの蒸気は見られますか?

夏の間もニューヨークの蒸気は見られます。これは地下を走るパイプの温度が高いことによります

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する