Menu
2.1m
ご質問はこちらへどうぞ。Eメール eric@newyork.jp
ニューヨーク 隠れ酒場 (スピークイージー) ツアー

ニューヨーク 隠れ酒場 (スピークイージー) ツアー

今すぐチケットを購入
ニューヨーク 禁酒法時代の隠れ酒場 体験ツアー
10%オフ

禁酒法時代のバー体験ツアーで、 ニューヨーク 隠れ酒場 (スピークイージー) での秘密のバーシーンを体験してみましょう。このスペシャルツアーは、皆様をマンハッタンにある4軒のユニークな居酒屋へお連れします。禁酒法は1920年代、アルコールの所有と飲用を禁止しようとした試みです。しかしながら、「すべての法律には抜け穴がある」といわれる通り、禁酒法も例外ではありませんでした。当時、たくさんの秘密のバーが開店し、中には当時の隠れ家的な雰囲気そのままに現在でも皆様のお越しをニューヨークで待っているバーもあります。しかし、ご自分でこれらのバーを見つけるのは必ずしも簡単ではありません!

下のリンクから割引コード”Eric”を利用して10%オフでご予約ください(支払画面でディスカウントコードを入力する欄があります)

こちらからニューヨークの隠れ酒場(スピークイージー)ツアーを予約

ニューヨークの隠れ居酒屋を訪問する

現在でも隠れ居酒屋を利用し、1920年代の雰囲気をそのまま体感することが可能です。こういったバーは予約は受け付けませんし、かなり入りづらい雰囲気があるのと、まったく想像もできないような場所に隠れているため、探し出すのが大変です。そこで、禁酒法時代のバー体験ツアーをぜひともお勧めしたいと思います。ツアーは、禁酒法時代のニューヨークの様々な地区についてなども色々お話してくれる地元ガイドの案内で勧められます。(ニューヨーク最古のバーを含む)4軒のバーに簡単にアクセスでき、3杯のドリンクとスナックもツアーに含まれています。

ニューヨーク-隠れ酒場-ツアー - マクサーリーズ ニューヨーク-隠れ酒場-ツアー - スピークイージー

怒涛の20年代

第一次世界大戦の後、怒涛の20年代がやってきました。アメリカは繁栄し、人々は自由と享楽を求め、ナイトクラブがソーシャルライフの中心となっていきました。そんな時代に施行された禁酒法とは、アルコール飲料の販売、製造、運輸を禁止するものでした。しかし、禁酒法は実定法となる代わりに腐敗と暴力の原因となっただけでした-悪名高いラッキー・ルチアーノとアル・カポネの時代です。全米に隠れ居酒屋が開店し、アルコールの消費量は2倍に跳ね上がりました。

ニューヨークではこれらもぐり酒場は「スピークイージー」と呼ばれました。バーの中では、警察や近隣住民に気付かれないよう、こっそりと(”easy”)話す(”speak”)ことからできた名前です。禁酒法は1933年に終わりを迎えましたが、スピークイージーは廃れることがありませんでした。少なくとも、隠れ居酒屋の伝説は。カクテルは禁酒法時代に、密造酒の粗悪な味をカバーするために家庭でアルコールとフルーツジュースを混ぜてドリンクを作ったことから生まれました。おしゃれなカクテルを飲みながらの今日のバー巡りは当時、誰が想像できたでしょうか?

エリックからの旅のアドバイス:ニューヨークではたくさんのバーに行きましたが、このツアーではいくつか初めてのバーに入りました。これらのバーは、入り口も控えめで目立たなく、誰もが行くところではありません。このツアーは、これから何度もリピートできるそういったバーを発掘するのに最適なツアーです。

基本情報

  • 出発地点:ロウアーイーストサイド
  • 出発時間:毎週月曜日、水曜日 19:00
  • 所要時間:約3時間
  • ドレスコード:カジュアルで良いが、バギージーンズやスニーカー不可
  • 最低年齢制限は21歳です。有効な顔写真付き身分証明書の提示が必要です

下のリンクから隠しコード”Eric”を利用して10%オフでご予約ください(支払画面でディスカウントコードを入力する欄があります)

こちらからニューヨークの隠れ酒場(スピークイージー)ツアーを予約

ニューヨーク-隠れ酒場-ツアー - カクテルバー ニューヨーク 禁酒法時代の隠れ酒場 体験ツアー - ドリンク

コメント欄は閉鎖中です。

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

から
まで
チケットを検索する