ニューヨーク 9/11 2021

9月11日は、アメリカにおいて2001年9月11日のテロで犠牲になった人々を追悼する日です。国民の祝日ではありませんが、多くの人々にとって格別に悲しい日であるということで、非常に粛々とした日です。

9/11とは?

9/11は2001年9月11日のテロ襲撃を思い起こす日となっています。2001年アメリカではいくつかのテロがありました。この日、4機の飛行機がハイジャックされ、そのうちの2機がニューヨークのツインタワーに、1機はワシントンDCのペンタゴンに、残る1機はペンシルベニア州の原っぱに墜落しました。最後の1機もワシントンDCへ飛ぶ予定でしたが、乗客がハイジャック犯を制圧し、この結果となりました。

9/11にはどのようなことがあるか

アメリカではこの事件の犠牲者追悼のため、半旗が掲げられます。アメリカ合衆国大統領は、最初の1機がワールドトレードセンターの北棟に衝突した時刻である8:46に黙祷を呼びかけます。

テロが起こった場所の周辺地域の教会などでは追悼集会が開かれます。9/11博物館のチケット購入を検討されているなら、9/11博物館もセレモニー開催のため9月11日は一般開放はしていないことを念頭に置きましょう。9/11メモリアルなどの追悼地では、犠牲者の遺族親族が献花をします。9/11メモリアルは15:00から真夜中0:00まで一般客も立ち入りが可能で、「トリビュート・イン・ライト」を観ることができます。ワンワールド展望台の開館時間は変更されています。

ニューヨーク 911 - 消防士 ニューヨーク 911 - メモリアルウォール

エリックからの旅のアドバイス:9/11には、たくさんの消防士や警察官たちが、このできごとを思い起こし追悼するために集まります。O’Hara’s Pubはその集合場所のひとつで、ワールドトレードセンターの近くにあります。早朝からこの集会は始まり、9月11日をニューヨークで過ごしているならこの場所に行くことは特別な体験となるでしょう。

トリビュート・イン・ライト

毎年9月11日には、日の入りと同時に「トリビュート・イン・ライト」と呼ばれる追悼ライトアップがあります。ツインタワーが建っていた場所の近くでライトアップがされます。9/11メモリアルは大変感動的な場所です。夜訪れることもできます。近隣の多くの人々は追悼の意を込めてろうそくを灯し、粛々とした雰囲気を出しています。 ニューヨーク 911

ニューヨーク 911 - トリビュート・イン・ライト

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する