ブルックリン ジェーンズカルーセル

ニューヨーク ブルックリンのジェーンズカルーセル

ブルックリンにあるジェーンズカルーセルは、ガラスの四角い建物にすっぽりと収まった、美しい年代ものの回転木馬です。ガラスの建物のおかげで、雨が降っていても晴れていても、子連れでもそうでなくても、いつでもメリーゴーラウンドを楽しめます。そうです、ジェーンズカルーセルは、どの年代にも楽しんでいただけるメリーゴーラウンドなのです。大人のあなたが乗っても、誰も変な顔で見る人はいません。ぜひ恥ずかしがらずに乗ってみてください。たったの$2です。ジェーンズカルーセル周辺のエリアはダンボ(DUMBO)とも呼ばれています。これはDown Under the Manhattan Bridge Overpass(マンハッタンブリッジ高架下道路)の略です。2012年10月、このエリアはハリケーン「サンディ」に襲われました。このハリケーンは、オハイオ州ヤングスタウンからやって来て、修復されてのオープン後わずか1年のジェーンズカルーセルにも浸水被害をもたらしました。幸いなことにこの損害はすぐに修復され、メリーゴーラウンドは以前よりもさらに美しくなって甦りました。

ジェーンズカルーセルへのデザイン賞

ブルックリンブリッジパークにあるこの注目すべきオブジェクトは、旅行雑誌トラベルアンドレジャーのデザイン賞の「パブリックスペース」カテゴリーで受賞しています。確かにジェーンズカルーセルは2つのユニークな建物から成っています。大変美しく、同時に独特な建物で、全体として観るととても興味深いです。この細部まで美しい本物のメリーゴーラウンドは1922年以来ニューヨークで子どもたちを楽しませてきました。フランス人建築家ジャン・ヌーヴルによる設計の、ミニマリスティックで透明なメリーゴーラウンドのカバーの役割を果たしているガラスの建物は、2011年製です。水辺のロケーションがこれら独特の建物の特別な効果をさらに高めています。夜に訪れたときの、ガラス壁にメリーゴーラウンドの照明が反射してきらきらと輝く美しい様子はいうまでもなく、イーストリバーの対岸やマンハッタンブリッジ、ウィリアムスバーグブリッジなどの上からも堪能できます。プロポーズをお考えですか?この場所はまさにプロポーズにぴったりのロマンチックなロケーションといえるでしょう!

基本情報

  • チケット料金: $2
  • 開場時間:
    • 5月13日 – 9月15日:水曜から月曜 11:00-19:00
    • 9月16日 – 2020年5月10日:木曜から日曜 11:00-18:00
  • 所要時間: 2-3分
  • アクセス: 地下鉄F線York Street、AまたはC線High Street、2番または3番線Clark Street

ブルックリン ジェーンズカルーセル - 回転木馬

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する