モバイルパスポートコントロール(MPC)アプリ ニューヨーク

モバイルパスポートコントロール(MPC)アプリ ニューヨーク

モバイルパスポートコントロール(MPC)アプリはニューヨークとアメリカ全土で使用でき、入国審査をより効率的に通過することができます。無料のMobile Passport Control アプリを使用し、いくつかの標準的な質問に答えると、QRコードが届きます。このコードを使用すると、税関国境警備局(CPB)の別の列に並ぶことができます。これにより通常、待ち時間が短縮され、入国審査をより速く通過できるようになります。

ニューヨークおよび米国のその他の地域向けの Mobile Passport Control (MPC) アプリを使用すると、税関をより効率的に通過できます。 無料の Mobile Passport Control アプリを使用すると、いくつかの標準的な質問に答えると QR コードが届きます。 このコードを使用すると、税関国境警備局 (CPB) の別の列に並ぶことができます。これにより、通常、待ち時間が短縮され、税関をより早く通過できるようになります。

Contents

モバイルパスポートコントロール

2024年より米国への入国審査でMPCアプリを使用することが可能になりました。旅行の前にアプリをダウンロードして入力を済ませると、アメリカへの到着時に特別に指定された列に並ぶことができます。その結果、通常の列に並ぶよりも税関を通過するまでの待ち時間が大幅に短縮されます。アプリに費用はかからず、完全無料です!必要なのはニューヨークで使えるインターネット通信のみです。

モバイルパスポートコントロールアプリが使用できるのは?

ESTA、米国パスポート、カナダパスポート、またはグリーンカードを所持して旅行される場合にモバイルパスポートコントロールアプリが使用できます。

ニューヨーク、つまりアメリカへ出発するまえにあらかじめご自身と、ご一緒に旅行される人のプロファイルを作成しておくことができます。入国審査をご一緒に通過したい場合には一緒に作成しておきます。一度に12までのプロファイルを作成できるので、家族で行く場合などにも理想的です。同行者はアプリのダウンロードは不要です。

モバイルパスポートコントロールアプリの使い方

  1. App Store またはGoogle Play Store からモバイルパスポートコントロールアプリをダウンロード
  2. アプリのダウンロード後、申請を作成
  3. 入国手段(空路や海路など)利用予定の空港やクルーズポートの入力からスタート
  4. その後、自分自身と同行者のプロファイルを作成
  5. 該当する渡航書類を選択。ESTAでアメリカに入国する場合、Visa Waiver Progam Passportを選択します。
  6. パスポート通りのフルネームを入力し、規約に同意して次のステップへ進みます
  7. 質問を注意深く読んで回答します
  8. 旅行の目的も尋ねられます。観光客として訪れる場合はWT (Waiver Tourist)を、出張などビジネスの場合はWB (Waiver Business)を選択します。
  9. データを保存します

着陸したらアプリを開き、フォームを提出します。しなければならないことは、顔写真を撮ることだけです。これにはインターネットが必要ですが、そんなときにはeSIMデータプランがかなり便利です。

これが済むとアプリ上でQRコードが現れます。このQRコードによりモバイルパスポートコントロールの列に並ぶことが可能になります。QRコードは4時間有効です。アプリを使用していても、パスポートを提示する必要はあります。

モバイルパスポートコントロール(MPC)アプリ ニューヨーク - 手順

グローバルエントリー

モバイルパスポートコントロールはグローバルエントリーとは少し異なります。グローバルエントリーはMPCの有料版と考えられます。約$100を支払って申し込みをすれば、5年の間入国審査に並ばずに済みます。これがあるとキオスクを経由してアメリカに入国できます。

MPCは米国在住者のみ対象ですか?

いいえ、MPCはESTA利用の旅行者、グリーンカード所有者、カナダパスポート所有者も利用可能です。詳しくはこちらをお読みください

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する