ロックフェラー クリスマスツリー がニューヨークに到着!

エリックブログ - ロックフェラー クリスマスツリー

ロックフェラー クリスマスツリー は、ニューヨークのクリスマススピリットのシンボルです。ロックフェラーツリーのデビューは1931年にロックフェラーで働いていた工事現場の労働者たちが6メートルの小さなツリーを立てたときでした。2年後、最初の公式なツリーが飾られ、1936年には有名なスケートリンクが加わりました。

適切な木を見つけることにはかなりの探求を要します。今年選ばれた木は、マンハッタンのミッドタウンから北に約270km離れたオニオンタの町から来ています。この選択をするために、ロックフェラーセンターの「庭師長」は個人的に様々な木を訪れます。時には年に数回にわたって木がどのように成長しているかを確認しに行きます。通常はニューヨーク、またはコネチカット、ペンシルベニア、ニュージャージーなど周辺の州からの木です。しかしそれよりも遥かに遠い場所から来ることもあります。1998年の木は世界最大の輸送機を使用してオハイオ州から空輸されました。高さ(最低75ft/23m)、形、及び豊かさに基づいて、11月初旬に伐採され、ニューヨーク市行きのトラックに積み込まれる最良の木が選択されます。

ニューヨークの最新ニュースはこちらから購読

ロックフェラーセンターのクリスマス

ロックフェラーセンターに11月中旬にツリーが到着することだけでもかなりのイベントで、多くの観客を魅了します。その後数週間のうちに、木が立てられ、50,000個ものライトで装飾されます。てっぺんにはスワロフスキークリスタルで覆われた星が飾られます。現在の星は建築家のダニエル・リベスキンドによるデザインで、2018年から使用されています。70本のスパイクに300万個以上のクリスタルが付けられています!このきらめきのため、星は400kg以上の重さがあります。

12月2日に、ロックフェラーツリー点灯式が開催され、ツリーのライトが点灯します。点灯式は、多数のパフォーマンスを伴う入念に計画されたセレモニーの一部で、TVで放映されます。通常これは何百万人ものライブ観客を前に開催されますが、今年はもちろん少し異なります。変わらないのは、観光客やニューヨーカーが、この木がもたらすクリスマススピリットを1月初旬まで楽しめるということです。

そして、ツリーのライトが消え、ツリーが撤去された後も、木は暖かさを提供してくれます。この木はすべての人のための住宅を建てることを専門とするアメリカの財団 Habitat for Humanity の住宅建設に使用される木材として、第二の人生を与えられています。

以下のブログ投稿にもご興味を持たれるかも知れません:

センチュリー21が閉店
今年は大晦日のタイムズスクエアでのボールドロップがバーチャルに

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する