日本からニューヨークへのフライト

日本からニューヨークへのフライト

ニューヨークまでのフライトは、ハイシーズンを避けて予約しておけば必ずしも高額ではありません。旅行会社などが出している航空券、ホテルなどが含まれたツアーですと、日本での出発空港やニューヨークでの到着空港にもよりますが、通常、燃油サーチャージや空港税などの諸費用を含め、通常ひとり100,000円前後からニューヨーク行きフライトの手配が可能です。大手旅行会社のフライトのセールで、50,000円前後の燃油サーチャージ他費用を含めても70,000円未満という大安売りもあり得ると聞いています。しかし、ラストミニッツで予約するフライトは格安になることは少ないですから、できれば4か月から半年くらい前に予約するのが理想的でしょう。それが無理でも、最低でも6週間前には予約しましょう。航空券の購入時にはフレキシビリティも費用節約の鍵です。小さなコツとしてはたとえば、日曜よりは月曜に、金曜よりは木曜に、週の半ばの、早朝のフライトのほうが安い傾向にあります。飛行時間は往路が13時間弱、復路は14時間強となっています。天候などのコンディションにより、この時間は前後します。

ニューヨークへの直行便

複数の航空会社がニューヨークへの直行便を運航していますが、詳細は利用する予定の空港のウェブサイトなどで確認しましょう。成田、羽田、関空からはニューヨーク直行便が出ていますが、格安航空券を購入されたい場合、最低1回の乗継があることが多いです。

ニューヨークには必ずしもはっきりとした「ハイシーズン」はありませんが、ホリデーの月(11月下旬と12月いっぱい)は街自体はかなり混雑します。ニューヨークで「ローシーズン」といえるのは、厳寒の1月2月でしょう。航空券の価格と、過ごしやすい気候など考えあわせ、旅行に最適なのは3月か10月といえます。こちらからニューヨークの祝祭日と、ニューヨーク旅行に最適な時期についてお読みください。

以下の航空会社が日本からニューヨークへのフライトを運航しています

直行便

  • 全日空
  • 日本航空
  • アメリカン航空
  • デルタ航空
  • ユナイテッド航空

経由便

航空券の価格が必ずしも格安になるとは限らないこと、乗継地での待ち時間によってはかなり余分な時間がかかることから、経由便はお勧めしませんが、経由便を利用されるとしたら、アメリカ国内またはカナダで乗継となる北米系の航空会社、またはアジア系の航空会社が良いと思います。

エリックからの旅のアドバイス:ご利用の各航空会社のウェブサイト、H.I.S.やJTBなどの大手旅行会社サイト、エクスペディアなどの予約サイトを利用して、できるだけ早く航空券を予約するようにしましょう。エクスペディアなどの予約サイトでは、航空券のみの予約もできますが、ホテルなどの予約も同時にすることができて便利です。また、マイレージなどの関係で利用したい航空会社が決まっている人は、航空会社もキャンペーンをやっていることがありますので要チェックです。ことばやサービスの面から、やはり日系航空会社を選択される方が多いようです。費用の面でも微小な差でしたら、そちらがお勧めです。

各空港からニューヨークへのフライト

以下のページに、成田空港と、その他の空港からのニューヨーク行きフライトについて記載しています。ご参照ください。

成田空港からニューヨークへのフライト

成田空港以外の空港からニューヨークへのフライト

ニューヨーク ハワイ 周遊

ニューヨークとハワイという対照的な目的地を組み合わせて、周遊旅行のプランを組めば、都市観光とビーチリゾートというユニークな休暇を過ごすことができます。

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する