ニューヨークの 9/11 グラウンドゼロ 博物館 ワークショップ

今すぐチケットを購入
ニューヨークの 9/11 グラウンドゼロ 博物館 ワークショップ

ニューヨークの9/11グラウンドゼロ博物館ワークショップは、2001年9月11日のテロ襲撃から回収された写真や遺物を展示する、小さな博物館です。テロの後、ニューヨーク消防署(FDNY)の消防隊員などが何ヶ月もかかって、ニューヨークのグラウンドゼロの片付けや清掃を行いました。ワークショップの創設者、Gary Marlon Susonはグラウンドゼロのフォトグラファーで、多くのものを間近で観ました。9/11博物館ワークショップでは、彼が撮影した写真や発見したアイテムを展示し、見学者は実際にそれらを手に取ることができます。

こちらから9/11ワークショップのチケットを購入

9/11グラウンドゼロ博物館ワークショップ

博物館創設者のGary Marlon Susonは、グラウンドゼロでのFDNY公式フォトグラファーでした。これにより彼は珍しい写真を撮り、9/11ワークショップの見学者が観たり手に取ったりできる特別な品々を入手するに至りました。この博物館は、特定のできごとに焦点を当てた小規模な博物館、アムステルダムのアンネフランクハウスにインスパイアされています。この博物館の場合、FDNYの消防隊員とリカバリーチームの人生への洞察というわけです。

ミートパッキング地区にあるこの博物館では、消防士と救助犬が犠牲者を探す写真、グラウンドゼロ下のPATHトンネル、同僚が見つかったときの儀式 ”Honor Guard” などを観ることができます。この捜索中にツインタワーから見つかった多くの物品は現在、グラウンドゼロ博物館に展示されています。これらのアイテムには最初のタワーが崩壊した正確な時刻を示す「止まった時計」や、「今日は9月11日」と書かれた、PATHステーションで見つかったカレンダーなどが含まれます。グラウンドゼロワークショップが特別なのは、これらの物品を手に取ることができること、そして創設者のGaryがそこにいて、彼の経験を話してくれることです。

このニューヨークの博物館は、インタラクティブオーディオツアーで最も良く体験することができます。写真の前を通りながら、どのアイテムを手に取ることができるかを教えてくれます。グラウンドゼロで録音された音も聴くことができます。犬が吠える声、がれきを取り除くトラックの音、そして祈る声などです。

ニューヨークの 9/11 グラウンドゼロ 博物館 ワークショップ - アイテム ニューヨークの 9/11 グラウンドゼロ 博物館 ワークショップ - 展示

9/11博物館とワークショップの違い

9/11グラウンドゼロワークショップの他に、ニューヨークには9/11博物館があります。9/11博物館は9/11メモリアルの隣に立っています。この博物館ではテロ当日のできごとや犠牲者について語ります。9/11グラウンドゼロ博物館ワークショップは、テロ後の期間とグラウンドゼロの回復に焦点が当てられた、インタラクティブな博物館です。他の二つの博物館とは異なり、この博物館では展示物に触れたり、手に取ったりすることが可能です。

エリックからの旅のアドバイス:公式の9/11博物館は9/11そのものに焦点を当てており、必見です。この博物館の見学後にワークショップを見学し、さらに深く掘り下げることができます。グラウンドゼロワークショップは、消防士としてグラウンドゼロの最前線にいる様子を再現し、展示物を手に取ることができます。距離が近いために、威圧的に感じられることもあります。すべての写真やアイテムにストーリーがあります。

基本情報

購入後に送られてくるバウチャーは、印刷した状態で、またはスマートフォン上でモバイルチケットとして提示することが可能です。

  • 所在地:420 West 14th Street ミートパッキング地区

こちらから9/11ワークショップのチケットを購入

9/11グラウンドゼロ博物館ワークショップのチケットはいくらですか?

9/11グラウンドゼロ博物館ワークショップのチケットは、$33からです

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する