ニューヨークのブラックフライデー

ニューヨークのブラックフライデー

ブラックフライデーは、1年のうちで最大の割引ショッピングの日です。この時期、買い物客は、通常価格の最大80%オフを期待できます。1年に一度しかないことですので、ぜひブラックフライデーについてこちらをお読みになってみて下さい。

ブラックフライデーとは?

ブラックフライデーはサンクスギビング(11月の第四木曜日)の翌金曜日です。多くの人はこれを年末商戦の「公式な」開始の合図ともとらえています。毎年サンクスギビングの時期、アメリカの小売業界は、買い物客をショップに誘い入れたり、掘り出し物を提供することで、オンラインショッピングで大金を使ってくれることを期待したりしています。

ブラックフライデーはいつ?

サンクスギビングは決まった日付ではなく、毎年変わるので、カレンダーを見て11月の最後の金曜を探します。2015年のブラックフライデーは11月27日です。
もともと、セールはブラックフライデーの早朝から始まるものでしたが、ここ数年、小売業界はサンクスギビング(木曜日)の晩から既にセールを始めています。

ブラックフライデーという名前の由来は?

小売業界というのは大抵、「赤字」で運営しており、利益を出していないことが多いので、ブラックフライデーというのは、これらの会社が実際に儲かっている時期であることを反映して(「黒字」とかけて)名づけられたといわれています。
ブラックフライデーは通常、大型百貨店やチェーン店のイベントですが、これに関連した別個の「スモールビジネスサタデー」という日が生み出されました。これはブラックフライデーの翌日で、買い物客に地元のお店でお金を使うことを奨励しています。もしスモールビジネスサタデーにニューヨークに滞在中なら、地域のブティックや近くのギフトショップでお買物をし、ニューヨークのビジネスを援助してあげてはいかがでしょうか。

ブラックフライデーに期待できることとは?

大規模なセールです!洋服のトップブランドでのホットアイテムの割引や、(アップル製)タブレットや電話、高画質TV、人気の玩具、その他にもまだまだたくさんあります。これらの商品が、一年でいちばん安売りされています。

大行列、かなりの人混み、これまで見たこともないような買い物狂いに出くわすことも覚悟しておいて下さい。ブラックフライデーは、ニューヨークでいちばん混雑するショッピング・デーなのです。しかし、商品は早くに売り切れますので、最初のほうに行き、お得な情報を最大限活用して欲しいサイズの洋服を手に入れるには、しっかりとアラームをセットするようにしましょう。

いちばんのお得情報を見つけるには?

サンクスギビングの休暇が近づくにつれ、様々な方法でお得情報が流れ始めます。ニューヨークでは地元新聞が、ブラックフライデーのバーゲン広告を載せたり、さらなる割引に使用できるクーポンを付けたりします。ですので、ポケットに入っている小銭でこのときばかりは新聞を買い、ブラックフライデーのお買いもの情報をチェックするのが得策です。インターネットがあるなら、それぞれのお店のお得情報をチェックしたいことと思います。いちばん簡単なのは、サンクスギビングまでの間にショップのサイトに直接アクセスし、ブラックフライデーのために大幅値引きしていているものが何かをチェックすることでしょう。同じサイトで、ブラックフライデーには何時から開店しているか(ブラックフライデーには営業時間を延長しているので)、また最寄りの店舗も調べておくことができます。

ブラックフライデーについてのアドバイス

「ドアバスター(大売出しの意)」情報にはよく気を付けておきましょう。限定数の商品が、ブラックフライデーの開店直後の数時間、または早朝の数時間に限って超低価格で販売されるというものです。ドアバスターのためには早起きする価値がありますよ!トップブランドや電化製品で、最大幅の値下げをしています。しかしこれらのセール商品は数に限りがあり、売り切れてしまえばそれ以上はもうありません。また、大抵の場合はドアバスター商品はおひとり様限定1個までです。

ブラックフライデーのお勧めショップ

トイザらス前の行列

ブラックフライデーのセール ニューヨーク

Comments are closed.