ニューヨーク メイシーズ サンクスギビング パレード 2020

ニューヨーク サンクスギビング パレード

メイシーズのサンクスギビングパレードは、毎年11月のサンクスギビングの日に開催されるイベントです。300万人以上の観衆がいる他、5000万人もの人がテレビの生中継を観ているといいます。パレードにはフロート(山車)、マーチングバンド、チアリーダー、それにスパイダーマン、ミッキーマウス、ハローキティなど有名キャラクターの巨大バルーンなどが登場します。パレードのルートは4キロに渡り、8000人以上ものボランティアが関わっているそうです。ニューヨークを11月に訪れるなら、メイシーズのサンクスギビングパレードは絶対見逃せないイベントでしょう。

放映のみ、ライブでの見物なし

バルーンインフレーション

サンクスギビングパレードそのものだけがスペクタクルではありません。パレードの前夜、巨大なバルーンに空気を入れるところをご覧になることもできます。バルーンインフレーションは、アッパーウェストサイドにあるアメリカ自然史博物館付近の指定された場所で行われます。この付近までたどり着くにはかなりの忍耐が必要です。人の流れをスムーズにするため、フェンスがところどころに立てられています。バルーンインフレーションを観たいという人は多いですので、道が混雑していることと、大行列を覚悟して行かなければなりません。行列は通常、79th  StreetとColumbus Avenueのところから始まり、このエリアは13:00から20:00までオープンしています。

ニューヨーク サンクスギビング パレート - バルーンインフレーション ニューヨーク サンクスギビング パレード - スパイダーマン

メイシーズのサンクスギビングパレード

メイシーズのサンクスギビングパレードは、サンクスギビング当日の9:00から、セントラルパークの西側、77丁目から始まります。パレードは6番街を南下して、メイシーズ百貨店のある34丁目のヘラルドスクエアまで続きます。早くも6時から人々はパレードがよく見えるようにとルート沿いに場所取りをしています。もしルート沿いに場所を取りたいのであれば、できるだけ早く現地に行くことをお勧めします。道のところどころ、混雑を避けるために立ち入り禁止になっていることもあります。ルート沿いには場所が取れなかったとしたら、1ブロック離れたところまで歩いて行きましょう。バルーンはかなり大きいですから、遠くからでもよく見えるでしょう。

どこからパレードを観るか

パレードがよく見えるところに行きたければ、セントラルパーク・ウェスト通りの、60丁目から70丁目までの間に行きましょう。ヘラルドスクエア周辺はいちばん混雑しているでしょう。34丁目から38丁目までの間は、国営テレビ放送のクルーがいるはずなので、お勧めしません。お出かけの前に、メイシーズのサンクスギビングパレードのサイトでルートや時間などの最新情報に変更がないかチェックしましょう。屋内の観覧場所からパレードを観たい場合には、サンクスギビングデーパレード・ブレックファストをご予約されると良いでしょう。

エリックからの旅のアドバイス: パレード前夜と当日、バルーンを間近で観るチャンスがなかった方も、まだチャンスはあります。パレード終了後、バルーンの空気抜きは6番街34丁目付近で行われるそうです。

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する