ニューヨーク リトルイタリー

ニューヨーク リトルイタリー

近年では、 ニューヨーク リトルイタリー 地区は、チャイナタウンの拡張によって少しずつ乗っ取られてきています。もともと住んでいたイタリア移民が他のイタリア人地域へ移っていっているため、イタリアの影響は薄くなってきています。ゆっくりとこの地区を歩いてみると、幸いにもイタリアの鼓動がまだ聞こえることが分かります。

リトルイタリーのショップとレストラン

リトルイタリーは大まかに、ソーホーとチャイナタウンの間に位置しています。ニューヨーカーはエリアに名前をつけることを好みます(実際は、地区に名前をつけるとシックでかっこ良く見えるため、不動産会社が好んでしているそうです)が、リトルイタリーの北側はノリータ、Nothern Little Italyと呼ばれます。グランドストリート、マルベリーストリートなどで本物のイタリア食品店やレストランが営業しています。格安とはいえませんが、クオリティは良いです。

イタリアンフードとドリンク

マフィア御用達でも有名な132 Mulberry StreetのレストランUmberto’s Clam Houseがあります。2ブロック離れたところにある旧店舗はジョーイ・ギャロが食事中に射殺されたことで知られています。今ではそのようなことが起こる心配はないでしょう。この界隈は非常に、退屈なくらい、安全な地域になっています。176 Mulberry Streetのマルベリーストリートバーに行ってみましょう。薄暗くて怪しい雰囲気に見えるかも知れませんが、これこそリトルイタリーに求めていた雰囲気でしょう。テレビドラマ”The Sopranos”のロケ地でもあります。

リトルイタリーツアー

このエリアについてもっとよく知りたい方には、ソーホーチャイナタウンを含むウォーキングツアーがこの地域を知るのに最高です。この地区の歴史を地元ガイドが語ってくれます。ツアーはソーホーのSpring Streetからスタートし、リトルイタリー、チャイナタウンへと向かいます。

こちらからソーホー、チャイナタウン、リトルイタリーツアーを予約

エリックからの旅のアドバイス:リトルイタリーはとても印象的なストリートアートが楽しめる場所でもあります。オードリー・ヘップバーンと自由の女神のカラフルな壁画は有名だと思いますが、どちらもこのエリアにあります。リトルイタリーはホップオンホップオフバスでも簡単にアクセスできます。

ニューヨーク リトルイタリー - ウェルカムサイン ニューヨーク リトルイタリー - 壁画

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する