マンハッタンヘンジ 2021

マンハッタンヘンジ

マンハッタンヘンジ、またはマンハッタン至点とも呼ばれるこの現象は、ニューヨークで人気の天文現象です。太陽の動きがマンハッタンの東西方向の通りと完全に一致するときに観られ、年に2回観測できます。この稀な瞬間を捉えようと、ナン万人もの人々が通りに流れ込み、交通さえストップしてしまいます。

マンハッタンヘンジとは?

マンハッタンヘンジは、太陽がマンハッタンの東西方向の通り沿って沈む、天文現象です。太陽が高層ビルの間に沈んでいくと、太陽を囲む壁に変わります。これは年に2回、夏至の前と夏至の後に発生します。さらに、半太陽マンハッタンヘンジが年に2回起こるため、年に合計4回この現象を観測できます。

この現象はもちろん、マンハッタンが碁盤目状の道路を持って以来起こり続けてきました。しかし、2002年に天文物理学者のニール・ドグラース・タイソンが注目を引いたことで広く知られるようになりました。タイソンはアメリカ自然史博物館の一部であるヘイデンプラネタリウムの館長です。彼はまたマンハッタンヘンジという語を作り出した人物でもあります。

マンハッタンヘンジはいつ起こる?

マンハッタン返事の日付は夏至に依存しており、毎年異なります。ただし毎年5月30日と、7月12日頃に発生します。今年のマンハッタンヘンジは 2022年1月17日 (Monday)2022年1月17日 (Monday) になります。

太陽が通りに沿って沈むのは夏至の約21日前と後で、求められている効果を最大限に提供します。ただし、半太陽マンハッタンヘンジもあります。この場合、太陽の半分が地平線の上、もう一方は地平線の下にあります。これもまた年に2回発生します。最初の完全なマンハッタンヘンジの前日と、2番目の完全なマンハッタンヘンジの翌日です。同様に、年に2回冬至の頃、太陽が完全に通りに沿って昇る日があります。それは12月と1月で、これはマンハッタンヘンジの日の出、またはリバース(逆)マンハッタンヘンジなどと呼ばれます。

マンハッタンヘンジをどこで観るか

マンハッタンヘンジは、マンハッタンの碁盤目に東西方向に通る通りの多くの場所から観ることができます。南は 14th Street から北は Washington Heights までです。マンハッタンヘンジを観るのに最適な場所は、ハドソンリバーの向こうのニュージャージーまで遮るもののない景色を望める広い通りです。もちろんニューヨークにはかなりの割合でアイコニックな建物があり、写真の構成を美しく組み立てられる可能性は無限にあります。エンパイアステートビル付近の 34th Street 、クライスラービル付近の 42nd Street 、Tudor City の陸橋などは特にフォトジェニックなスポットです。14th 、34th 、42nd 、57th Street などは広い通りなので一般的に良い観測スポットといえます。

マンハッタンヘンジの際には、特に街のランドマークの周りに大勢の人が集まり、撮影スポットを見つけるのが難しい場合があります。雲があなたの完璧な写真を台無しにするリスクもあります。ニューヨークの天気は非常に変わりやすく、天気の良い夏の日でも雲が吹き込んで太陽を隠すことがあります。

あまり大勢の人を避けたい場合、人気の少ない写真スポットを探してみてください。単に別の日を選択することもできます。マンハッタンヘンジの当日ほど完璧な配置にはなりませんが、前後の日に素晴らしいショットを撮ることもできます。

エリックからの旅のアドバイス:私自身は特にマンハッタンヘンジのファンではありません。他の日でも似たような景色を観ることはできると思うので、それほどのスペシャルイベントではありません。この現象を撮影してみたい人にとっては興味深い日となるでしょう。ニューヨーカーは全般的にそれほどこの景色に感心しているとは言えません。ニューヨークでは他にもたくさんの素晴らしい景色や、素晴らしい夕日写真の機会を年中提供していると私は思います。たとえば、夕日の頃にトップオブザロックへ行って、息を飲むようなインスタ映えする景色をご覧ください。

マンハッタンヘンジ - ストリートビュー

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する