ニューヨーク ロングアイランドシティ

ニューヨーク ロングアイランドシティー

ニューヨークのロングアイランドシティは、マンハッタンの東、イーストリバーの近くに位置しています。水辺の公園や活発なアートシーン、ひっきりなしに変化し更新されていくことで知られています。私は主に、マンハッタンの代わりに低予算で泊まれる最高の場所とみています。ロングアイランドシティからマンハッタンまでは、たった15分で行けます。もちろん逆も同じです。

隠れたアートシーン

ロングアイランドシティにはギャラリーや芸術施設、スタジオなどが密集しているものの、あまりよく知られていないためか、注目されることがないように思います。芸術組織で少し他より知られているのは、MoMA PS1です。これはモダンアートと実験的なアートに重きを置く広大な展覧会スペースです。美術と音楽ファンで、この夏、ロングアイランドシティにいらっしゃるご予定ですか?MoMA PS1では毎夏の毎週土曜日に、芸術的な野外環境で色々なジャンルの音楽を楽しめるイベント、ウォーム・アップ・セッションを開催しています。MoMA PS1に行った後は、カリフォルニアスタイルのメキシカン・レストラン、The Creek and The Caveまで徒歩でたったの7分です。最高のバーガー、ラウンジ(お笑い芸人のパフォーマンスなど)、そして何よりも、美味しくてお手頃価格、お試しの価値ありのマルガリータとナチョスも出るパティオがあります。

ロングアイランドシティ ニューヨーク MoMA PS1 ロングアイランドシティ NYC ギャントリーパーク

ロングアイランドシティでの宿泊

ロングアイランドシティは必ずしも、街それ自体を楽しむために散策するところではありません。「まだ」ということばを加えなければなりませんが。 ロングアイランドシティは将来有望な地区のひとつです。海岸のほうからやがて内側へ拡大していくであろう工事現場を目にすることでしょう。建設中なのは主にホテルで、ほとんどのホテルはお手頃価格を打ち出しています。ホテル・ラヴェル(Hotel Ravel)は質の良い食事と素晴らしい眺めを楽しめる、お伝えするに値するホテルです。もうひとつのお勧めはペーパーファクトリー、文字通り、もとペーパーファクトリー(製紙工場)で、本物のニューヨークの雰囲気を醸す、モダンでありながら居心地の良いお部屋に改装されています。本物のニューヨーク体験には必ずマンハッタンにご宿泊いただくようにお勧めしていますが、たとえばご予算の関係でそれが難しいのであれば、ロングアイランドシティは最適な選択肢です。マンハッタンからも近く、クオリティと価格の比率は理想的です。

ペーパーファクトリーホテルから観るロングアイランドシティ ロングアイランドシティ

ルーズベルトアイランドトラムウェイ

ロングアイランドシティからマンハッタンまでの移動にお時間をとりたいのであれば、ルーズベルト橋を通ってルーズベルトアイランドへ行ってみることをお勧めします。たったの$2.50(アンリミテッドメトロカード所有なら無料)でマンハッタンまで行けるケーブルカー、ルーズベルトアイランドトラムウェイまで歩く途中、水辺で素敵な写真を撮りましょう。目的地にたどり着く、特別で、お安い方法です!

エリックからの旅のアドバイス:夜のひとり歩きは不安に思う方もいるでしょう。ロングアイランドシティの通りはかなり静かですので、それを不気味に感じる方もありますが、実際はかなり安全なエリアです。

ロングアイランドシティ 電車 ルーズベルトアイランドとの間を行き来するトラム

こちらの記事は参考になりましたか?記事を評価することでお勧めしてください:

このサイトのご利用を続けることで、クッキーの使用及び個人情報保護方針に同意したとみなされます。 詳しくはこちらからお読みください。

ニュースレターを購読する


チケットを検索する
から
まで
チケットを検索する